挨拶・弁護士紹介

ご挨拶

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、開設以来、刑事事件・少年事件のみを専門に取り扱う法律事務所として、刑事事件・少年事件でお悩みの方に手を差し伸べるべく、多くの弁護活動を行ってまいりました。

当法律事務所には、刑事事件・少年事件を専門に扱ってきたからこその、豊富な経験と実績を備えた高度な弁護技術を備えた弁護士が多数在籍しております。

このたび、東京都を中心とした関東一円の刑事事件・少年事件でお困りの方にお力添えすべく、東京支部を開設する運びとなりました。

刑事事件においては、時代の移り変わりとともに、様々な犯罪類型が創設され、また、近年では新しい刑事司法制度の導入も予想されます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部では、法改正による規制の移り変わりや、新たな制度にも、適切に対応するため、日々勉強し、あらゆる事件に対応できるよう努力や研鑚を怠りません。

弁護士に相談や依頼をするのは、ハードルが高く、このような相談でも受け付けてもらえるのかと躊躇される方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、素人考えで事件の見通しなどについて判断することには危険な場合があります。

捜査機関による捜査活動は、表には出てこないため、突然あなたのもとに警察官がやってきて、逮捕されるということもあり得ないことではないのです。

私ども弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部では、一般の方にも安心して、ご相談・ご依頼いただけますよう一般市民感覚を大切にして、相談者様・依頼者様への真摯に対応させていただきます。

どのような事件であっても、一人一人の相談者様・依頼者様のご意向を踏まえたうえで、最良の結果が得られるようスタッフ一同全力で弁護活動を行う所存です。

素早く適切な刑事弁護活動をお望みの方は、ぜひ刑事事件・少年事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部にお任せください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 代表弁護士 則竹理宇

 

 代表弁護士 則竹 理宇(のりたけ りう)

弁護士会  第二東京弁護士会
所属   刑事弁護委員会、刑事弁護フォーラム
出身   千葉県
経歴   青山学院大学 卒業
 日本大学法科大学院 修了
趣味   サイクリング、落語、読書
座右の銘   Cool Head, but Warm Heart

 

代表弁護士 則竹理宇

 

【略歴】 

私は、千葉県で生まれ育ちました。青山学院大学で英米文学を専攻し、文学を通じて人と人とが密接に関わる仕事に興味を持ち、弁護士という資格に魅了されました。

一から法律の勉強を重ね、日本大学法科大学院に進学し、司法試験に合格。司法試験合格後、刑事事件を専門に扱う法律事務所に入所し、刑事事件、少年事件のみを取り扱ってきました。入所後まもなくして任された強姦事件では、ご依頼者の方が逮捕され、そのままでは会社をクビになって刑務所に入らなければならなくなる可能性が極めて高い緊迫した事件でした。私は、すぐに被害者の方のもとへ示談交渉に行き、何度も交渉を繰り返した末、示談を成立させることができました。結果、ご依頼者の方は留置場から釈放され、会社をクビにならずに社会復帰を果たすことができました。そこから本日まで数えきれないほどの刑事事件・少年事件を扱ってきました。

手がけた案件は、痴漢や盗撮や強姦などの性犯罪事件が多く、その他、飲酒運転や交通事故などの自動車事件、覚せい剤や大麻などの薬物事件、暴行や傷害などの暴力事件、詐欺や窃盗などの財産事件など多岐にわたります。また、裁判員裁判事件もいくつか手がけました。日本の裁判員裁判事件では、一般的に執行猶予判決を獲得するのはかなり困難といわれていますが、無事執行猶予を獲得することができ、ご依頼者の方は社会復帰されました。

得意分野は、「刑事事件ならどんな案件でも!」、という意気込みで弁護をしています。趣味は、読書と、映画やDVD鑑賞です。法廷ものやサスペンスが特に好きです。また、散歩によく出かけます。裁判前は散歩をしながら弁論の構成を考えたりします。頭がリフレッシュされていい考えが浮かんだりします。「勝訴の秘訣」とまでは言いすぎですが、私の一日で一番好きな時間かもしれません。座右の銘はイギリスの経済学者アルフレッド・マーシャルの言った「Cool Head, but Warm Heart」です。

 

八王子支部所属 弁護士 足立 直矢(あだち なおや)

弁護士会 第二東京弁護士会
所属  刑事弁護委員会、犯罪被害者支援委員会、刑事弁護フォーラム
出身  鳥取県
経歴  大阪大学卒業
予備試験合格
趣味  テニス ダーツ 映画鑑賞 食べ歩き
座右の銘  千里の道も一歩から

 

略歴

弁護士 足立 直矢私は、幼い頃から困っている人の役に立つ仕事をしたい、と思い、高校、大学へ進学するにつれ弁護士という仕事とその魅力を知り、司法試験を目指すようになりました。

大学進学後,少年に関わった保護司の方の講演や刑事政策の講義を受講し,刑事事件の最中にある方が、いかに困難な状況におかれているかを知り、そのような人の助けになるにはどうしたらよいだろうと考え、刑事弁護人となる気持ちを強めてきました。

司法試験後の修習期間中も被疑者被告人とされた方が,今後どのように暮らしていけばよりよく生きられるのかを考えながら事件を見てきました。その中で,罪を犯してしまったことを非難するだけでは何も解決せず,どうして今に至ったのかを一人一人と向き合って考えることが大切であると実感いたしました。

刑事事件においては、全てに時間的な制約があります。その限られた時間の中で依頼者の方にとって一番必要なものが何かを寄り添って一緒に考え,納得の頂けるよう、あなたにお願いしてよかったと言っていただけるような事件の終結を見ることができるよう,日々の研鑽怠らず活動して参ります。

 

八王子支部所属 弁護士 小松 諒(こまつ りょう)

弁護士会 第二東京弁護士会
所属  刑事弁護委員会,犯罪被害者支援委員会,刑事弁護フォーラム
出身  宮城県
経歴  東北大学法学部法学科 卒業
東北大学法科大学院  修了
趣味  プロレス観戦,ウェイトトレーニング
座右の銘  我以外皆我師

 

略歴    

弁護士 小松 諒私は幼少期より暮らしてきた仙台の地で東北大学の法学部に進学しました。しかし,当初から法曹の道に進もうと考えていたわけではありませんでした。進路を明確に決めていなかったこともあり,生来の好奇心から,実定法を中心に多くの科目を履修しました。

そんな折,民事法の講義で懲罰的損害賠償の是非について触れることがありました。賠償額を高額にすれば不法行為を予防できるという発想は,得てして自分自身が加害者になった場合のことを忘れがちである。講義ではこのような説明がされましたが,非常に腑に落ちると感じました。自分自身も加害者になりうるという視点を忘れない。このような考え方は,最も大きな不利益である刑事罰を科せられる場合に,より必要なのではないかと思いました。

それ以来,私は刑事法分野,延いては刑事裁判に関わる法曹に強く関心を抱くようになり,司法試験を受験するという道を選びました。法科大学院を経て司法修習を受けるという道のりは,世間全体から見れば狭い社会です。しかし,その中でも様々な背景,考え方を持つ方々と触れる機会に恵まれました。そこで学んだ,誰に対しても常に真摯に向き合うという姿勢を忘れずに,依頼者様のお役に立てるよう,全力で取り組ませていただきます。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る