Archive for the ‘少年事件’ Category

東京都府中市の少年事件(盗撮事件)で逮捕 観護措置を回避するために動く弁護士

2017-09-13

東京都府中市の少年事件(盗撮事件)で逮捕 観護措置を回避するために動く弁護士

東京都府中市に住むA君(16歳)は、日ごろの学校生活のストレスから女子トイレに侵入し、盗撮行為を繰り返してしまいました。
ある日、被害者VがAが盗撮していることに気付き、Aを盗撮の容疑で逮捕し、駆け付けた府中警察署の警察官に引き渡しました。
Aの両親は、今後のAの処遇がどうなるのか(刑事罰の量刑はどうなるのか?)、不安になり、少年事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

少年事件で量刑??】
上記A君は、女子トイレに侵入し、盗撮行為を行っています。
A君の行為は、刑法上の「建造物侵入」、そして、各都道府県の「条例違反(盗撮)」が成立します。
そのため、相談者の中には「量刑はどれくらいになるのでしょうか」といった質問をされる方もいらっしゃいます。
ただ、少年事件の場合は、(逆送事件などではない限り)刑事罰は科されません。
その代わり、家庭裁判所に事件が送致された後、審判が開かれ、保護処分が下されます。

観護措置
家庭裁判所へ送致された際、家庭裁判所が観護措置を決定することがあります。
観護措置とは、家庭裁判所が調査・審判を行うために、少年の心情の安定を図りながら、少年の身体を保護してその安全を図る措置のことを言います。
観護措置がなされる場合、少年鑑別所に事件が送致され、少年の身柄が少年鑑別所に置かれることがほとんどです。
観護措置の期間は、2週間~4週間とされていますが、実務上は4週間の観護措置になるケースが多いです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所です。
通常の法律事務所では、民事が中心の事務所も多く、そのため、少年事件などをあまり経験したことがないという弁護士先生も少なくありません。
しかし、弊所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門ですから、数多くの刑事事件・少年事件を経験しております。

東京都府中市少年事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
府中警察署 初回接見費用:3万6500円)

東京都西東京市の暴力行為等の処罰に関する法律違反事件で逮捕 迅速な接見を行う弁護士

2017-08-23

東京都西東京市の暴力行為等の処罰に関する法律違反事件で逮捕 迅速な接見を行う弁護士

東京都西東京市内に住む高校生のA君は、同級生のBらとともに、V君に対して暴力行為を日常的に行っていました。
VとV両親から被害届を受けた田無警察署はAらを暴力行為等の処罰に関する法律違反(集団暴行)の疑いで逮捕しました。
A両親は、Aがそのような行為を行っていたことは全く知らず、逮捕について寝耳に水であったため、弁護士に相談し、接見に行ってもらいました。
(フィクションです)

暴力行為等の処罰に関する法律違反(集団暴行)】
暴力行為等の処罰に関する法律は、暴力団などの集団的暴力行為や常習的暴力行為を、刑法の暴行罪や脅迫罪よりも重くかつ広範囲に処罰するための法律です。

上記A君は、同級生たちと一緒にV君に対して暴行をはたらいているため、単なる暴行罪よりも重い「暴力行為等の処罰に関する法律違反上の集団暴行」に該当する可能性が高いと言えます。
法定刑は「3年以下の懲役又は30万円以下の罰金」とされています。

量刑例としては、例えば、罰金の前科のある被疑者が、知人と協力して路上で他人に対して、髪をつかんで引っ張って倒し、腹部や腰部等を足でけりつける行為をしたことに対して、懲役10月執行猶予3年を言い渡したものがあります。
初犯は罰金も多いと言えますが、態様によっては裁判となる可能性もあるため、安易に考えてはいけません。

【迅速な接見の必要性】
上記例のA君は18歳未満であるため、刑が科されるということは(逆送などがない限り)ありません。
しかし、まだ理解力の乏しい年であるため、しっかりと検察官や警察官の取調べ対応をしなければ、自分のやっていないことまで認めてしまう可能性もあります。
そこで、逮捕された場合などには、迅速な弁護士接見が重要と言えます。
弁護士接見にすぐにうかがうことで、今後の流れや対応を伝えることができます。

ただ、この対応というのは、表面上の取調べ対応だけでは不十分です。
しっかり、自分のしてしまったことを反省・回顧させ、二度と同じことを繰り返さないようにどうしていくかの手助け・助言も少年のためには必要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は過去に多くの少年事件を経験しており、少年の真の更正にも協力してまいりました。
ご子息様が、暴力行為等の処罰に関する法律違反で逮捕されお困りの方は、一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。
田無警察署 初回接見費用:3万8400円)

【環境調整って?】少年事件に強い弁護士が東京都板橋区の逮捕にも対応

2017-07-21

【環境調整って?】少年事件に強い弁護士が東京都板橋区の逮捕にも対応

16歳のAさんは、東京都板橋区少年事件を起こし、警視庁志村警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんの両親とAさんは、元々うまくいっておらず、どうやら今回Aさんが少年事件を起こした原因の1つでもあるようです。
Aさんの両親は、これを機にAさんときちんと向き合いたいと考えており、Aさんも同様の気持ちのようです。
Aさんの両親から依頼を受けた弁護士は、早速環境調整の準備に取り掛かりました。
(※この事例はフィクションです。)

・環境調整とは?

少年事件の手続きでは、少年の更生を第一義とすることは、何回か記事として取り上げているところだと思います。
しかし、少年の更生を進めようとしても、問題のある環境に少年がいるのであれば、そのままの状態ではいけません。
そのために行われるのが、環境調整と呼ばれる活動です。

環境調整は、その文字通り、少年の周囲の環境を、少年が更生しやすい環境に調整することです。
少年事件を担当する弁護士は、付添人として、この環境調整のサポートを行います。
例えば、上記事例のAさんは、両親との不和が原因で少年事件を起こしてしまったようですが、これを解消することも、環境調整の1つです。
このような少年の外に広がる環境の環境調整はもちろん、環境調整は、少年の内側の環境についても行われます。
例えば、少年事件を起こしてしまったことへの反省や、被害者の方への謝罪の気持ち、更生への意欲などを育てることは、少年の内側の環境調整ともいわれます。

このように、少年事件では、その環境調整によって少年の更生を図ります。
少年事件の処分は、原則的に少年の更生のために行われるものですから、環境調整によって社会内での少年の更生が十分期待できるのであれば、処分も軽くなっていく可能性が高まります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、少年事件に不安を抱える少年やそのご家族の支えになります。
東京都少年事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
警視庁志村警察署までの初回接見費用:3万7,100円)

東京都墨田区の違法薬物事件 少年による覚せい剤取締法違反(所持)

2017-07-15

東京都墨田区の違法薬物事件 少年による覚せい剤取締法違反(所持)

東京都墨田区に住むA(19歳)は、地元の先輩からの誘いを断りきれず、覚せい剤に手を出してしまいました。
常習的に止められなくなり、普段から覚せい剤を鞄に入れて歩いていたところ、警視庁本所警察署の警察官から職務質問を受けました。
挙動不審なAの態度に不信に思った警察官から所持品検査を求められ、覚せい剤を所持していたことが発覚し、逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

覚せい剤取締法(所持)違反

覚せい罪取締法は、非営利目的での覚せい剤「所持」行為について、10年以下の懲役刑を定めています。

覚せい剤取締法違反では、交通事故や、不審者通報等で駆け付けた警察官により職務質問、所持品検査を受けて発覚するケースも多いです。
なぜなら、覚せい剤の使用者は常習者も多く、本人にそのつもりがなくても、挙動不審な言動をしているため覚せい剤の使用が疑われるのです。

覚せい剤等薬物関連の事件では、令状執行時に警察官に対し暴れて抵抗し、公務執行妨害罪も問われるケースがあります。

覚せい剤等違法薬物の事件は、直接の被害者の方はいません。
しかし、覚せい剤購入資金のために別の犯罪に手を染めたり、また違法薬物を使用中に車両を運転し重大事故を引き起こすこともあります。

違法薬物は、自分だけでなく、周囲の方を危険に巻き込む恐れがあります。
これらの理由からも違法薬物関連の罰則は決して軽いものではありません。
安易な気持ちで覚せい剤を使用することは止めましょう。

少年事件での覚せい剤取締法違反に強い弁護士

覚せい剤取締法違反逮捕され、所持行為を認めている場合、裁判官に「再犯の恐れがなく、反省していること」等を主張することが大切です。
また特に覚せい剤取締法違反少年事件では、薬物依存症治療専門の病院に通院する等、再犯防止を講じることも重要です。
これは、処分を軽くするためでなく、早期に再犯防止策を講じることは少年の将来にとっても大切な弁護活動の1つです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件覚せい剤取締法違反にも詳しい弁護士事務所です。

少年が覚せい剤取締法違反で逮捕され、不安を抱えている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい(0120-631-881)。
本所警察署 初回接見費用:4万500円)

東京都府中市の無免許運転 少年による自動車運転死傷行為処罰法違反に詳しい弁護士

2017-07-11

東京都府中市の無免許運転 少年による自動車運転死傷行為処罰法違反に詳しい弁護士

東京都府中市の少年A(18歳)は、不良グループから依頼を受け、無免許の状態で普通自動車を運転中、横断歩道を横断中の歩行者を跳ねて大怪我をさせてしまいました。
少年Aは慌ててその場から逃走してしまい、後日、府中警察署の警察官に、自動車運転死傷行為処罰法違反で逮捕されました。
(フィクションです。)

自動車運転死傷行為処罰法について】

平成26年5月、「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」(通称 自動車運転死傷行為処罰法)が施行されました。
自動車運転死傷行為処罰法が成立する前は、交通事故により人を死傷させた場合は、刑法の「危険運転致死罪」や「自動車運転過失致死傷罪」が適用されていました。
しかし、無免許運転や飲酒運転などの悪質な運転者に対し、幅広く処罰できるよう自動車運転死傷行為処罰法が定められ、罰則も強化されることとなりました。

少年事件に詳しい弁護士

無免許運転で人身事故を起こし、その後救護活動をすることなく現場から逃走してしまった場合、例え少年であっても、自動車運転死傷行為処罰法違反等の疑いで逮捕される恐れがあります。
人身事故では、相手方への謝罪等示談の有無も少年の処分に影響します。相手方への謝罪はタイミングやその方法がとても難しいので、専門の弁護士に依頼することが重要です。

また少年事件では、不良仲間から離れられず犯罪に巻き込まれるケースも多くあります。
少年の生活環境を見直すことは、処分を軽くするだけでなく、少年の将来にとっても大切な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所ですので、逮捕後の身柄解放や少年のサポート活動に精通しています。
自動車運転死傷行為処罰法逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
府中警察署 初回接見費用:3万6400円)

東京都文京区で発生 少年による痴漢事件 迷惑防止条例違反なら弁護士に相談を

2017-07-10

東京都文京区で発生 少年による痴漢事件 迷惑防止条例違反なら弁護士に相談を

少年Aは、通学途中、東京都文京区内を走行中の電車内で、女性に痴漢行為をした疑いで周囲の乗客から声を掛けられ、現場に駆け付けた本富士警察署の警察官に迷惑防止条例違反の疑いで任意同行を求められました。
本富士警察署から知らせを受けた少年Aの家族は、被害者の方にすぐに謝りたいと考えたのですが、警察官から連絡先を教えてもらうことができず、困ってしまいました。
(フィクションです。)

痴漢事件に関する法律】

電車内で痴漢行為をした場合、その態様により、刑法の強制わいせつ罪、若しくは各都道府県で定められている迷惑防止条例違反になります。

一般的には、衣服の上から触った場合は「迷惑防止条例違反」、下着の中まで手を入れる等、直接手に触れた場合は刑法の強制わいせつ罪が問われるようです。
警察では、痴漢事件の場合、該当する罪名を判断するためにも、被害者、加害者双方だけでなく、目撃者がいれば参考人として詳細に事情を聴くことになります。

迷惑防止条例違反に強い弁護士

迷惑防止条例違反で捜査を受け、事実に争いがない場合は、被害者への謝罪や示談交渉が重要です。
しかし捜査機関側は、痴漢事件などの性犯罪事件では、被害者情報を安易に教えることは出来ませんし、被害者側も突然加害者側から連絡を受けることに恐怖を抱く恐れもあります。

そのため、少年による痴漢事件で捜査を受けた場合、早急に弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件、少年事件に特化しています。
弊所の弁護士は、少年から犯行に至った経緯を詳細に聴取し、反省の機会を与え、被害者の方へ謝罪を適切に行います。
このような弁護活動は、少年事件の場合、処分を軽くするためだけでなく、少年の再犯を防ぐためにも重要な弁護活動になります。

少年による痴漢事件で捜査され、被害者の方へ謝罪をご希望の方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料相談をお申込み下さい。
本富士警察署 初回接見費用:3万9500円)

(初回接見即対応)東京都町田市の少年事件の逮捕に強い弁護士

2017-07-09

(初回接見即対応)東京都町田市の少年事件の逮捕に強い弁護士

東京都町田市に住んでいる高校1年生のAさんは、少年事件を起こしたとして、町田警察署逮捕されました。
Aさんの両親は、Aさん逮捕の知らせを聞いたものの、Aさんが何をして逮捕されたのか、今どんな状況なのか全く分かりません。
Aさんの両親は、東京都町田市内の少年事件に強いという弁護士に依頼し、初回接見をしてもらうことにしました。
(※この事例はフィクションです。)

少年事件初回接見

少年事件であっても、警察の取調べは成人の刑事事件同様に行われます。
もちろん、取調べを行う警察官には、相手が少年であることを十分理解した対応が求められます。
しかし、未成熟な少年が逮捕されて家族と離され、警察署で1人でいる状況で取調べを受けることは、少年の大きな負担となることは想像に難くありません。
逮捕されれば、最大72時間、家族にも会うことはできません。
少年にとってそれがどれだけ心細いことでしょう。

そこで、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士初回接見サービスをご案内いたします。
弁護士であれば、逮捕直後であろうと、少年事件を起こして逮捕された少年本人に接見(面会)することが可能です。
初回接見により、弁護士が少年に、少年事件の流れや見通しを話したり、取調べ対応の助言を行ったりすることができます。
また、初回接見の内容はご依頼者にご報告いたしますので、少年とご家族の懸け橋となることもできます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の弁護士として少年事件を数多く手掛けておりますから、逮捕された少年本人やそのご家族の不安を、きっと軽減させていただけることでしょう。
少年事件でお子さんが逮捕されてしまってお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
24時間いつでも、専門のスタッフが、お電話で無料相談や初回接見のご予約を受け付けております(0120-631-881)。
お時間や場所によっては、お申込みいただいたその日のうちに、初回接見とそのご報告が可能です。
町田警察署までの初回接見費用:3万7800円)

東京都江戸川区の少年事件(強盗罪)で逮捕 少年院送致回避を目指すなら弁護士に相談

2017-06-26

東京都江戸川区の少年事件(強盗罪)で逮捕 少年院送致回避を目指すなら弁護活動 

東京都江戸川区に住む少年A(18歳)は、小遣い稼ぎのため路上強盗を繰り返していたところ、東京都江戸川区を管轄する小岩警察署の警察官に強盗罪逮捕されました。
少年Aの両親は、少年院送致にならないためにはどうしたらよいか、少年事件、刑事事件に強い、弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

強盗罪

強盗罪は刑法第236条に定められ、法定刑は5年以上の懲役刑とされています。
強盗罪の成立要件については、「暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取すること」です。(同法236条1項)
強盗罪の「暴行・脅迫」の程度は、「相手方の犯行を抑圧するに足りる程度」とされ「最狭義の暴行・脅迫」とされています。
強盗罪の犯意は、「暴行、脅迫を加えて、相手方の犯行を抑圧し、その財物を奪取する認識があれば足りる」とされ、財物の種類、数量などについて逐一認識する必要はないと考えられています。

少年院回避を目指す弁護活動】

強盗罪逮捕された場合、たとえ初犯であっても、審判で少年院送致の処分が下される可能性が高いと言えます。

少年院は、健全な育成を図ることを目的として、矯正教育等を行う更生施設でもあります。
そのため、少年院送致を避けるためには、事件について反省の気持ち、更生への努力、環境整備等の弁護活動が重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、少しでも処分を軽くするための弁護活動を適切に行います。

東京都江戸川区の少年による、強盗罪等で家族が逮捕されお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
小岩警察署 初回接見費用:4万700円)

東京都青梅市の少年事件 強姦罪で逮捕されたら弁護士に相談

2017-05-14

東京都青梅市の少年事件 強姦罪で逮捕されたら弁護士に相談

東京都青梅市に住むA(18歳)は、アルバイト先から帰る途中、見知らぬ女性を強姦した疑いで、強姦罪の犯人として逮捕され、警視庁青梅警察署に留置されてしまいました。
突然のことで驚いたAの両親は、少年事件の今後の流れや被害者への謝罪等の対応に不安を覚え、強姦罪等の少年事件の経験が豊富な弁護士に相談をしました。

(上記事例はフィクションです)

強姦罪とは】
強姦罪は、刑法第177条に定められており、3年以上の懲役刑となります。
強姦罪の被害者は、年齢で構成要件が変わります。
強姦罪の被害者が13歳未満の女子の場合、暴行・脅迫の有無は関係なく、姦淫行為をした者が罰せられます。
強姦罪の被害者が13歳以上の女子の場合、暴行又は脅迫を用いて姦淫する行為が対象となります。

【少年が強姦罪逮捕されたら】
少年事件の場合も、強姦罪では、事実に争いがない場合は、被害者の方への謝罪や示談等が、その後の処分に影響します。

しかし強姦罪の被害者は、その恐怖心から、被疑者やその家族と直接話すことを拒否する傾向があります。
そのため、強姦罪等の少年事件逮捕された場合は、早急に少年事件・刑事事件専門の弁護士に相談し、弁護を依頼することが重要となります。

また性犯罪に手を染めてしまった少年の中には、以前から自分の性癖に悩みつつも周囲や家族には相談できなかったケースも考えられます。

再犯を防ぐためにも、第3者である弁護士が、接見を通じて少年に指導・教育していくことは、処分を軽くする上でも、また今後少年が強姦罪やその他の性犯罪で逮捕されないためにも重要な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強姦罪等の少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、少年やご家族の悩みに向き合い、適切な弁護活動を行うことに自信があります。
少年による強姦罪逮捕されお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
青梅警察署 初回接見費用:3万9400円)

東京都足立区の少年事件に強い弁護士 無免許運転事件(自動車運転死傷行為処罰法違反)を対応

2017-05-10

東京都足立区の少年事件に強い弁護士 無免許運転事件(自動車運転死傷行為処罰法違反)を対応

東京都足立区の少年A(17歳)は、不良仲間から誘われ、無免許で自動車を運転し、歩行者を跳ねて大怪我をさせてしまいました。
慌ててその場から逃走した少年Aは、警視庁綾瀬警察署自動車運転死傷行為処罰法違反で逮捕されました。
少年Aの両親は、損害賠償や今後の対応について、自動車運転死傷行為処罰法違反等の少年事件に強い弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです)

自動車運転死傷行為処罰法とは】

自動車運転死傷行為処罰法とは、2014年5月から施行された法律です。
自動車運転死傷行為処罰法が成立する前は、交通事故で人を死傷させた場合、刑法の「危険運転致死罪」や「自動車運転過失致死傷罪」が適用されていました。
しかし、無免許運転や飲酒運転など悪質な運転者を幅広く処罰できるよう自動車運転死傷行為処罰法が設立され、罰則も強化されました。

少年事件で逮捕されたら弁護士に相談】

無免許運転で人身事故を起こして現場から逃走した場合、少年事件でも、自動車運転死傷行為処罰法違反等の疑いで逮捕されることが十分考えられます。

少年事件で逮捕された場合、早い段階で少年事件専門の弁護士に弁護を依頼することで、勾留や、鑑別所へ行かず早期に身柄が解放される可能性が高まります。

また人身事故の場合、相手方への損害賠償や示談の有無によって、少年の処分が大きく影響しますので、少年事件専門の弁護士による弁護活動が重要となります。

さらに少年事件では、不良仲間から離れられず犯罪に巻き込まれるケースがあります。
少年の生活環境を改善し、サポート体制を整えることは、処分を軽くする上でも重要ですが、少年の将来にとっても大切な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士が多数おりますので、逮捕後の身柄解放や少年のサポート活動に精通しています。
自動車運転死傷行為処罰法で逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
綾瀬警察署 初回接見費用:4万2500円)

« Older Entries