Archive for the ‘少年事件’ Category

東京都青梅市の少年事件 強姦罪で逮捕されたら弁護士に相談

2017-05-14

東京都青梅市の少年事件 強姦罪で逮捕されたら弁護士に相談

東京都青梅市に住むA(18歳)は、アルバイト先から帰る途中、見知らぬ女性を強姦した疑いで、強姦罪の犯人として逮捕され、警視庁青梅警察署に留置されてしまいました。
突然のことで驚いたAの両親は、少年事件の今後の流れや被害者への謝罪等の対応に不安を覚え、強姦罪等の少年事件の経験が豊富な弁護士に相談をしました。

(上記事例はフィクションです)

強姦罪とは】
強姦罪は、刑法第177条に定められており、3年以上の懲役刑となります。
強姦罪の被害者は、年齢で構成要件が変わります。
強姦罪の被害者が13歳未満の女子の場合、暴行・脅迫の有無は関係なく、姦淫行為をした者が罰せられます。
強姦罪の被害者が13歳以上の女子の場合、暴行又は脅迫を用いて姦淫する行為が対象となります。

【少年が強姦罪逮捕されたら】
少年事件の場合も、強姦罪では、事実に争いがない場合は、被害者の方への謝罪や示談等が、その後の処分に影響します。

しかし強姦罪の被害者は、その恐怖心から、被疑者やその家族と直接話すことを拒否する傾向があります。
そのため、強姦罪等の少年事件逮捕された場合は、早急に少年事件・刑事事件専門の弁護士に相談し、弁護を依頼することが重要となります。

また性犯罪に手を染めてしまった少年の中には、以前から自分の性癖に悩みつつも周囲や家族には相談できなかったケースも考えられます。

再犯を防ぐためにも、第3者である弁護士が、接見を通じて少年に指導・教育していくことは、処分を軽くする上でも、また今後少年が強姦罪やその他の性犯罪で逮捕されないためにも重要な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強姦罪等の少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、少年やご家族の悩みに向き合い、適切な弁護活動を行うことに自信があります。
少年による強姦罪逮捕されお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
青梅警察署 初回接見費用:3万9400円)

東京都足立区の少年事件に強い弁護士 無免許運転事件(自動車運転死傷行為処罰法違反)を対応

2017-05-10

東京都足立区の少年事件に強い弁護士 無免許運転事件(自動車運転死傷行為処罰法違反)を対応

東京都足立区の少年A(17歳)は、不良仲間から誘われ、無免許で自動車を運転し、歩行者を跳ねて大怪我をさせてしまいました。
慌ててその場から逃走した少年Aは、警視庁綾瀬警察署自動車運転死傷行為処罰法違反で逮捕されました。
少年Aの両親は、損害賠償や今後の対応について、自動車運転死傷行為処罰法違反等の少年事件に強い弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです)

自動車運転死傷行為処罰法とは】

自動車運転死傷行為処罰法とは、2014年5月から施行された法律です。
自動車運転死傷行為処罰法が成立する前は、交通事故で人を死傷させた場合、刑法の「危険運転致死罪」や「自動車運転過失致死傷罪」が適用されていました。
しかし、無免許運転や飲酒運転など悪質な運転者を幅広く処罰できるよう自動車運転死傷行為処罰法が設立され、罰則も強化されました。

少年事件で逮捕されたら弁護士に相談】

無免許運転で人身事故を起こして現場から逃走した場合、少年事件でも、自動車運転死傷行為処罰法違反等の疑いで逮捕されることが十分考えられます。

少年事件で逮捕された場合、早い段階で少年事件専門の弁護士に弁護を依頼することで、勾留や、鑑別所へ行かず早期に身柄が解放される可能性が高まります。

また人身事故の場合、相手方への損害賠償や示談の有無によって、少年の処分が大きく影響しますので、少年事件専門の弁護士による弁護活動が重要となります。

さらに少年事件では、不良仲間から離れられず犯罪に巻き込まれるケースがあります。
少年の生活環境を改善し、サポート体制を整えることは、処分を軽くする上でも重要ですが、少年の将来にとっても大切な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士が多数おりますので、逮捕後の身柄解放や少年のサポート活動に精通しています。
自動車運転死傷行為処罰法で逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
綾瀬警察署 初回接見費用:4万2500円)

神奈川県大和市の事件にも対応! 少年事件に強い弁護士が傷害罪の示談交渉で身柄解放活動

2017-05-08

神奈川県大和市の事件にも対応! 少年事件に強い弁護士が傷害罪の示談交渉で身柄解放活動

神奈川県大和市で彼女と同棲中のA(19歳)は、別れ話がもつれて彼女を殴り、傷害罪神奈川県大和警察署に逮捕されました。
Aの両親は、少年事件に強い弁護士事務所に無料相談を申し込み、被害者の方への謝罪等の示談交渉や、早期に身柄解放してもらうにはどうしたらよいか尋ねました。
(フィクションです)

傷害罪などの男女トラブル】
男女トラブルは、少年事件であっても、暴行や傷害罪、リベンジポルノ、殺人事件など重大な犯罪を引き起こす可能性があります。
警察は犯罪を予防する義務があるため、男女トラブルの相談で当事者がケガをしていれば、傷害罪で被害届を出すように説得し、事案によっては逮捕することも考えられます。

少年事件で逮捕・勾留について】
Aの事例ですと、神奈川県大和警察傷害罪で逮捕された後、Aは成人事件と同様、最大で48時間勾留され、検察官に送致されます。
その後検察官は、勾留の必要性等を判断し、必要があれば刑事施設などで一定期間Aの身柄を拘束します。

傷害罪での示談交渉】
男女トラブルなどの傷害事件では、少年事件でも、弁護士による被害者の方へ謝罪等の示談交渉は大切な弁護活動です。
警察に被害届が出された後でも、示談交渉が成立すれば、被害届を取り下げてもらい、早期に身柄解放され、またその後の処分について審判不開始や保護観察処分等を獲得する可能性が高くなると言えます。
また、少年事件では早期身柄解放を目指すためだけでなく、社会復帰に向けた環境整備等のサポート活動も大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所のため、男女トラブルなどの傷害事件での示談交渉や早期身柄解放のための弁護活動の他、環境整備に向けたサポート活動にも実績があります。
神奈川県大和市少年事件で逮捕され、示談交渉に不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
神奈川県大和警察署 初回接見費用;3万8100円)

東京都あきる野市の少年事件に強い弁護士 強盗事件で少年院回避を目指す

2017-05-07

東京都あきる野市の少年事件に強い弁護士 強盗事件で少年院回避を目指す

東京都あきる野市に住むA君(17歳)は、友人に誘われて、友人らと一緒に万引き行為をしてしまいました。
その際、店員に気付かれて腕を掴まれたため、逃走するために相手を振り払い一発だけ殴った後、逃走しました。
後日、被害届を受理した五日市警察署により、強盗罪でAは逮捕されました。
Aの両親は、「少年院を覚悟しているが、出来ることであれば少年院は回避したい」と思い、少年事件に強い弁護士事務所に相談しに行きました。
(フィクションです)

強盗事件】
少年が少年事件を起こして逮捕された場合、後日、家庭裁判所による審判が開かれることになります。
そこでの処分は、事件の内容や少年の更生度合(期待可能性)などにより、保護観察や児童養護施設への送致、少年院送致など色々あります。
ただ、強盗事件のような重罪を犯した場合、たとえ初犯であったとしても、審判で少年院送致の処分が下される可能性が高いと言えます。

少年院とは、家庭裁判所から保護処分として送致された少年に対し、その健全な育成を図ることを目的として矯正教育、社会復帰支援等を行う法務省所管の施設をさします。
そして、少年院は、少年の年齢や心身の状況により、第1種、第2種及び第3種の3つの種類に分けて設置されており、どの種類の少年院に送致するかは,家庭裁判所において決定されます。
(法務省HPより)

少年の両親の心情からすると、少年院送致は避けたいものであることは当然に思われます。
少年院送致を何とか避けたいと考えて相談へいらっしゃるかたも少なくありません。
もっとも、少年院回避してほしい理由をただ単に主張すればいいのか、少年院を結果的に回避できればいいのかと言われれば、決してそういうわけではありません。
少年院は、少年の更生施設ともいえますので、少年院を避けるのであれば、しっかりと少年が更生に向けて努力している(例えば、カウンセリングへ行っている等)必要があるのです。
また、本人だけでなく、両親や友人関係といった少年を取り巻く環境も調整しなければなりません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門ですから、数々の少年事件の経験がございます。
少年やその家族にとってどのようにすれば更生が望めるのかを一緒に考え、その更生が見込まれる結果として、少年院を回避できるように尽力いたします・
東京都あきる野市少年事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談ください。
五日市警察署 初回接見費用:4万200円)

神奈川県横浜市南区の少年事件に強い弁護士 窃盗罪での逮捕に迅速対応

2017-05-03

神奈川県横浜市南区の少年事件に強い弁護士 窃盗罪での逮捕に迅速対応

横浜市南区に住む少年A(18歳)は、アルバイト先で、20万円を盗んだ窃盗罪の犯人として、神奈川県南警察署逮捕されました。
少年Aは以前も窃盗罪で逮捕されているため、今後の処分に不安を覚えたAの家族は、窃盗罪等の少年事件専門の弁護士が多く所属する、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に弁護活動を依頼しました。
(フィクションです)

少年事件とは】

少年事件では、20歳未満の少年(少女も含む)が犯罪や、刑罰法令に触れる行為をした場合に「少年事件」として手続きされます。

原則少年事件は、家庭裁判所へ事件が送致されます。
その後、調査官が少年を調査し、少年事件の審判が開始(又は「審判不開始」)となり、処分が決まります。
少年事件の処分は、不処分、保護観察、少年院送致、検察官送致(少年事件が重大犯罪の場合)などがあります。

少年事件の弁護活動】

少年事件は、少年の更生を目的とした上で処分が決定されます。
そのため少年事件では、少年院送致等の処分を防ぐために、少年事件専門の弁護士による弁護活動が重要になります。

少年事件の弁護活動の具体例としては、弁護士が家庭裁判所に対し、保護者のサポート体制や今後の更生プランを提示し、少年に再犯の見込みがないことを示す等の弁護活動があります。

これらの少年事件の弁護活動は、単に少年の処分を軽くするためだけではなく、少年が今後更生するためにも大切な弁護活動と言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の少年事件専門の弁護士は、少年の更生案を一緒に考え、不安を抱えるご家族や少年に寄り添った弁護活動を目指します。

窃盗罪等の少年事件で少年が逮捕されて不安な方、また少年の更生についてお悩みの方は、少年事件専門の弁護士が多く所属する弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談をまずはお申込み下さい(0120-631-881)。
神奈川県南警察署までの初回接見費用41,200円)

東京都千代田区岩本町内の少年事件で逮捕 窃盗事件で審判に強い弁護士集団

2017-04-18

東京都千代田区岩本町内の少年事件で逮捕 窃盗事件で審判に強い弁護士集団

東京都千代田区岩本町内に住むA君(18歳)は、近くのスーパーで万引き(窃盗)事件を起こしたとして、スーパーの店員に現行犯逮捕されました。
A君は何度も万引き(窃盗)を繰り返していたとのことです。
通報を受けた万世橋警察署の警察官がA君を万世橋警察署まで連れて行き、後に、家庭裁判所へ送致されました。
Aの両親は、Aの将来もかかっているため、何とか少年院等は避けたいと刑事事件・少年事件に強い弁護士に依頼しました。
(フィクションです)

少年事件の少年審判
犯罪を起こした者が、20歳未満の少年・少女である場合には、「少年事件」に当たるとされています。
逮捕から勾留までは通常の成人事件と基本的には同じ流れです。
その後、家庭裁判所へ送致され、少年審判の手続きが開始されます。

少年審判は、成人の場合の「刑事事件」における、刑事裁判手続きとは異なります。
そもそも、成人の「刑事事件」の裁判では、犯罪者に刑罰を与え、犯罪を予防することが目的です。
一方で、「少年事件」の少年審判は、犯罪少年に対する保護を目的として保護処分が決定されます。
審判で下される処分としては、
 ①少年院送致
 ②児童自立支援施設・児童養護施設送致
 ③保護観察
 ④不処分
 ⑤検察官送致(逆送)
等が挙げられます。

また、そのほかの成人事件との違いとしては、審判は公開ではないという点(刑事裁判は原則公開裁判です)、さらには、前科が付かない(審判で下されるのはあくまで保護処分であり、罰則ではありませんので、前科になりません。ただし、逆送されれば、通常の刑事裁判となりますので、罰則が科されれば、前科が付くことになります)という点です。

上記のように少年事件における審判では、「少年の保護」「少年の更正」という面を重視しますから、情状面を主張するだけでは足りません。
しっかり、今後再犯することのない環境が整っていることや、少年が更生するための行動を起こしている等の事情が必要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は少年事件に特化しておりますので、適切な対応や更生案をご家族と一緒に考えることが可能です。

東京都千代田区岩本町少年事件逮捕され、審判対応が不安な方は、一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
万世橋警察署 初回接見費用:3万5500円)

東京都西多摩郡日の出町の少年事件で逮捕 盗撮事件で観護措置決定回避を目指す弁護士

2017-04-11

東京都西多摩郡日の出町の少年事件で逮捕 盗撮事件で観護措置決定回避を目指す弁護士

東京都西多摩郡日の出町に住むA君(18歳)は、公園にある公衆トイレ内(女子トイレ内)で、盗撮行為をしたとして、五日市警察署の警察官に逮捕され、勾留決定がでました。
A君は今まで、かかる行為をしたことがなく、受験のストレスなどから、つい興味本位でやってしまったとのことでした。
Aの両親は、勾留満期後もA君の身体拘束が長引けば、高校生活等に影響が及んでしまうため、観護措置は回避したいと考えています。
そこで、少年事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

盗撮事件】
上記少年のように、盗撮行為を衝動的に行ってしまうというケースも少なくありません。
おそらく、インターネット上で盗撮をモチーフにした動画などがアップされていることもその一つでしょう。
それらの動画などをみることで、自分でもできるのではないか?と興味を持ち、つい盗撮行為をしてしまうのだと思われます。
ただ、当然ながら、盗撮行為は犯罪であるため、少年が盗撮をした場合、逮捕・勾留がなされ、長期間にわたって身体拘束がなされる可能性がある点につき、しっかりと理解しておかなければなりません。

観護措置
逮捕・勾留中は、留置所に身柄が拘束されることになります。
勾留満期後、少年は家庭裁判所に送致されることになりますが、その際、裁判所から観護措置決定が出る可能性があります。
観護措置には、在宅での観護措置と、少年鑑別所での観護措置があるのですが、実務上「観護措置決定」と言われた場合、後者を指すことが多いです。
少年鑑別所での観護措置となった場合、さらに身体拘束期間が長引くことになります。
ただでさえ、逮捕・勾留で長期間身体拘束されているうえ、観護措置までついた場合、合わせて1カ月以上も身体拘束が続く可能性もあるのです。
ですから、そのような事態を避けるためには、少年鑑別所での心身鑑別の必要性はない、在宅でも心身鑑別は行える(その環境にある)ということを適切に主張する必要があります。

東京都西多摩郡日の出町少年事件盗撮事件で逮捕され、観護措置を回避したいとお考えの方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
五日市警察署 初回接見費用:4万200円)

東京都豊島区高田の少年事件で逮捕 公然わいせつ事件で不処分を目指す弁護士

2017-04-03

東京都豊島区高田の少年事件で逮捕 公然わいせつ事件で不処分を目指す弁護士

東京都豊島区内に住むA君(17歳)は、受験のストレスなどから、道端(公道)で自らの陰部を露出して女性を驚かせていました。
通報を受けた警視庁目白警察署は、A君を公然わいせつ罪で逮捕しました。
Aの両親は、今後のAの処遇が気になり、「不処分で終わることは難しいか」について、弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

公然わいせつ
「公然とわいせつな行為をした者」は、公然わいせつの罪が成立します。
上記A君は、公道で自らの陰部を露出していますので、公然わいせつ罪が成立する可能性があります。
法定刑は6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料です。
少年、特に中学・高校生の時期は性に目覚める子も少なくありませんので、つい興味本位などで上記公然わいせつにあたる行動をしてしまう子もいます。
公然わいせつ罪で逮捕され、長期間身体拘束が続くことになって初めて、自分の犯した罪の重さに気づいた、と言っている少年も弊所の相談者の中にはいました。

不処分
少年事件の場合、成人事件とは異なり、刑罰が下されるわけではありません(逆送事件を除く)。
代わりに、審判が開かれて、「不処分」か「保護観察」か「少年院送致」か「児童自立支援施設又は児童養護施設送致」か「検察官送致」かが決められます。

少年の親御さんが望まれることは、審判不開始決定がなされる、ないし、「不処分」でしょう。
不処分」とは、その字の通り、処分をしないというものです。
不処分には、非行事実がないとする「非行なし不処分」と、非行事実は認められるが、事実が軽微であり、少年の要保護性が解消されているため処分する必要はないとする「非行あり不処分」があります。

ただ、情状面等を主張するだけでは、なかなか不処分とはなりません。
少年法は「少年の更正可能性」等を重視していますので、少年が二度と同じような行為をしないか、保護者等のサポート体制はできているか等総合的に判断して、問題ないと判断されれてやっと「不処分」となるのです。
あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件に特化しており、適切な弁護活動の結果、審判で不処分となった事案も少なくありません。
また、やみくもに不処分を目指すのではなく、どうすれば少年が更生できるか等を保護者とともに考えてまいります。
東京都豊島区少年事件で、不処分を得たいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
目白警察署 初回接見費用:3万4700円)

東京都八王子市四谷町の少年事件で逮捕 逆送後の事件対応でも評判のいい弁護士

2017-03-26

東京都八王子市四谷町の少年事件で逮捕 逆送後の事件対応でも評判のいい弁護士

東京都八王子市四谷町に住むA君(18歳)は、友人Vを死なせてしまった罪(傷害致死)で逮捕されました。
A君は家庭裁判所の審判の結果、「逆送」決定がなされてしまいました。
今後の、A君のことが心配になった、両親は、刑事事件・少年事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

逆送
少年が上記のような傷害致死事件を起こして逮捕された場合、家庭裁判所で審判を受けることになります。
その審判の結果、処分が下されます。
処分としては、「不処分」「保護処分(保護観察・児童自立支援施設又は児童養護施設送致・少年院送致)」「児童福祉手続き」「検察官送致」等が挙げられます。
このうち、「検察官送致」のことを「逆送」と言います。
逆送」は、家庭裁判所が、少年に保護処分ではなく刑事処分に科すことが相当であると判断した場合になされます。
逆送」の要件としては
・死刑、無期又は禁錮に当たる罪であること
・上記罪を「犯した少年」であること
・「その罪質及び情状に照らして刑事処分を相当と認めるとき」であること
というものが挙げられます。
弁護士としては、「逆送」を避けるために、この要件を満たさないことを主張していくことになります。

もっとも、上記例のように、「傷害致死事件」は原則逆送となります。
というのも、少年法20条2項は「故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪の事件」であって、「その罪を犯すとき16歳以上の少年」については、原則として逆送決定しなければならないとされているからです。
ですから、通常の刑事裁判と同じ流れになりますので、しっかりと弁護活動が必要になってきます。

東京都八王子市四谷町少年事件で、逆送された場合、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
高尾警察署 初回接見費用:3万5700円)

東京都世田谷区岡本の少年事件で逮捕 万引き(窃盗)事件で審判不開始を目指す弁護士

2017-03-23

東京都世田谷区岡本の少年事件で逮捕 万引き(窃盗)事件で審判不開始を目指す弁護士

東京都世田谷区内に住むA君は、金目の物欲しさに、万引き(窃盗)を2回してしまいました。
被害店舗から被害届をだされた成城警察署は、被疑者としてA君を突き止めました。
A君は、成城警察署から取調べで呼ばれています。
A君の両親は、「今後Aが逮捕されてしまうのではないか、何らかの処分を受けるのではないか」と心配し、少年事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

少年事件での万引き(窃盗)事件】
少年事件で多い犯罪の一つに万引き(窃盗)があります。
成人でも同じなのですが、万引き(窃盗)は手軽にできてしまうため、ついちょっとした気持ちで万引き(窃盗)をしてしまう少年も少なくないのです。
また、友人たちとの間で、度胸試しということで、万引き(窃盗)行為をしてしまう少年も少なからずいます。
しかし、言うまでもなく、万引き(窃盗)は犯罪ですので、絶対に行ってはなりません。
もし、少年が万引き(窃盗)をした場合、少年事件として扱われますので、家庭裁判所に事件が送られて、審判が開かれれば保護処分が下されることになります。

審判不開始
家庭裁判所に事件が送られた場合、審判が開かれることがほとんどです。
審判が開かれた場合、事件の性質、少年の心身鑑別の結果等を踏まえて、「不処分」「保護観察」「少年院」「逆送(検察官送致)」「児童福祉施設などへの入所」等の保護処分が下されます。
ただ、審判が開かれるとなれば、時間などもかかってしまいますし、審判へ出席する必要も出てきます。
そこで、少年や保護者から依頼を受けた弁護士としては、再非行に陥る危険性が少ないことや、裁判所等が介入する保護処分をする必要性がないことを主張することで、審判不開始を目指すことがあります。
審判不開始となれば、そこで少年事件は一応終了し、元の生活に戻ることも可能です。

もっとも、あくまで、少年の更正が重要ですので、その更生状況なども踏まえたうえでの主張でなければ、審判不開始などはされませんし、少年のためにもなりません。

東京都世田谷区少年事件でお困りの方は、少年事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談ください。
成城警察署 初回接見費用:3万7000円)

« Older Entries