Archive for the ‘性犯罪’ Category

東京都品川区の性犯罪事件で逮捕 児童買春罪の早期身柄解放に強い弁護士

2017-06-23

東京都品川区の性犯罪事件で逮捕 児童買春罪の早期身柄解放に強い弁護士

東京都品川区に住む会社員Aは、出会い系サイトで知り合った16歳の女子高生複数人に対し、金銭を渡して性交を繰り返していました。その後、女子高生が警察に補導されたことで、児童買春の事実が発覚し、東京都品川区を管轄する大井町警察署の警察官に児童買春罪の被疑者として逮捕されました。
Aの家族は、Aが児童買春罪逮捕されたことが職場に知られたら解雇されるのではないかと不安になり、性犯罪事件に強いと評判の弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです。)

児童買春

児童買春については、「18歳未満の児童」に対して「金銭を渡し」、あるいは「渡す約束」をして、「児童と性交等を行うこと」とされています。
児童買春罪の法定刑は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金とされています。

児童と性交等をした場合、児童ポルノ禁止法違反(児童買春罪)の他、児童福祉法違反、都道府県の青少年育成条例(淫行条例)違反として警察に捜査や逮捕される可能性もあります。

また、児童が13歳未満であった場合、児童の同意がなかった場合は、刑法の強姦罪、強制わいせつ罪(刑法176条)に問われる可能性があります。

児童買春罪等の性犯罪事件で逮捕されたら】

児童買春罪等の性犯罪事件では、加害者側に身に覚えがない場合でも、逮捕された事実を職場に知られると、解雇となる可能性も十分にあります。

そのため児童買春罪等性犯罪事件逮捕されたら、勾留がつかないよう、また勾留された場合は、早期に身柄が釈放されるよう専門の弁護士に依頼することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間無料相談、初回接見の申し込みを受け付けています。

ご家族が児童買春罪等性犯罪事件逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談、初回接見をお申込み下さい。
大井警察署 初回接見費用:4万1200円)

強制わいせつ事件に強い弁護士に相談!東京都豊島区の痴漢事件で逮捕なら

2017-06-18

強制わいせつ事件に強い弁護士に相談!東京都豊島区の痴漢事件で逮捕なら

Aさんは、東京都豊島区の路上で、Vさんという女性相手に痴漢事件を起こし、警視庁目白警察署の警察官に、強制わいせつ罪の容疑で逮捕されてしまいました。
逮捕の知らせを聞いたAさんの家族は、痴漢事件なのに強制わいせつ罪になってしまうのかと不思議に思い、今後の手続きの流れを含めて話を聞こうと、東京都内の刑事事件に強いという弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・痴漢事件でも強制わいせつ罪?

痴漢、という犯罪は、比較的耳にする回数の多い犯罪でしょう。
しかし、痴漢については、「痴漢罪」という犯罪があるわけではありません。
では、痴漢はどんな犯罪にあたるのでしょうか?

痴漢は、各都道府県が定めている迷惑防止条例や、刑法上の強制わいせつ罪によって裁かれることが多いです。
ある痴漢事件が、迷惑防止条例違反事件となるか、強制わいせつ事件となるかは、明確にきっぱりとした基準があるわけではありません。
服の外から触れば迷惑防止条例違反で、服の中に手を入れたら強制わいせつ罪、とも言われますが、痴漢事件が起こった場所や詳しい状況によっては、それも変わってきます。
痴漢事件の詳細によって、該当する犯罪はケースバイケースなのです。

このような複雑な事情は、専門家の弁護士に聞いてみることが一番です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、痴漢事件に関するご相談も丁寧に対応いたします。
初回の相談は無料ですから、気兼ねなくご利用いただけます。
痴漢事件でお身内が逮捕されてお困りの方、強制わいせつ事件にお悩みの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
警視庁目白警察署までの初回接見費用:3万5,000円)

東京都八王子市高尾での準強姦事件で弁護士へ相談! 刑事事件に迅速対応で事件化阻止

2017-06-12

東京都八王子市高尾での準強姦事件で弁護士へ相談! 刑事事件に迅速対応で事件化阻止

東京都八王子市高尾に住むAさんは、バーで知り合った見ず知らずのVさんと性交渉を行いました。
その際、Vはかなり泥酔しており、意識もうろうの状態でした。
後日、AさんはVから、「あの日の事は全く覚えていない。無理やり性交渉された。高尾警察署へ話に行く」と連絡を受けました。
Aさんは心配になり、近くの刑事事件に強い法律事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

強姦準強姦の違いは?】
女性に対して無理やり性交渉をした場合、強姦罪が成立するということは多くの方は想像しがたくないと思われます。
しかし、強姦罪のほかに準強姦罪という犯罪が存在します。
いったい、強姦罪と準強姦罪はいったい何が違うのでしょうか。

その違いは、どのような状況で相手に対して姦淫行為をしたのかにあります。
刑法上、強姦罪は「暴力・脅迫を用いて」姦淫した場合に成立し、準強姦は、「心神喪失もしくは抗拒不能に乗じて」姦淫行為をした場合に成立します。
つまり、心神喪失もしくは抗拒不能な状態を利用して性交をした場合は準強姦に当たってしまうのです。

準強姦罪の心神喪失と抗拒不能とは】
あまり普段の生活では馴染みのない言葉です。
心神喪失とは、正常な判断能力が無いことを指します。
例えば、熟睡状態や泥酔状態そして精神病などです。
そして抗拒不能は、心神喪失以外の理由によって抵抗できない、ことを指します。
つまり、心理的に抵抗できない状態です。

Aさんの場合、暴力や脅迫を用いているわけではありませんが、泥酔状態で性交渉をされています。
このため、被害者女性が告訴を行った場合、準強姦で警察に捜査される可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所で、強姦準強姦事件解決も数多く承ってきました。
準強姦事件で逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までお問い合わせください。
高尾警察署 初回接見費用:3万5700円)

東京都調布市内の盗撮事件で逮捕 弁護士により不起訴となり、前科を回避!

2017-05-29

東京都調布市内の盗撮事件で逮捕 弁護士により不起訴となり、前科を回避!

東京都調布市内に住むAさんは、Vさん(17歳)のスカートの中を盗撮したとして、調布警察署逮捕されました。
Aさんは、被害者女性に怖い思いをさせたことを猛省するとともに、「もし、前科がついてしまうとどうなるのだろう」と不安になり、Aの妻の要請を受け接見にやってきた弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に、不起訴とならないか相談しました。
(フィクションです)

盗撮事件】
盗撮事件の場合、周りの人や被害者による現行犯逮捕がなされることも少なくありません。
また、盗撮事件を起こした場合、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金となる可能性があります。
常習性が認められるような場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金と、より盗撮による処罰が重くなります。
それだけ、盗撮行為は他者に対して不快感を与えるものであることを忘れてはいけません。

前科
罰金であれ、懲役刑であれ、刑罰が科されてしまうと「前科」がついてしまうことになります。
前科」が付かないためには、「不起訴処分」を目指す必要があります。
なお、前科が付くと困ることの一つとして挙げられるのは、職業の欠格事由にあたり、職が無くなってしまう可能性があるということでしょう。

例えば、不起訴にならず、起訴されて禁錮刑以上の刑が課された場合、
国家公務員や地方公務員、保育士、公認会計士、行政書士、裁判官、検察官、弁護士
などは欠格事由となります。

また、欠格となる期間も職業によってきめられています。
執行猶予であれば、その期間中はずっと欠格となります。
また、懲役4年等の実刑になれば、公務員はその実刑期間満了まで欠格の期間となりますが、弁護士の場合は、実刑期間満了とその後10年間は欠格の期間となります。

また、一般企業の会社員で欠格事由などが法律上定められていないような場合でも会社の内規によって、前科が会社の解雇理由になっていたりもします。
ですから、自らの職を保つためにも、不起訴による前科回避が重要なのです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門ですので、数多くの刑事事件を扱ってきており、不起訴による前科回避の実績も豊富です。
東京都調布市盗撮事件で、不起訴になって前科がつくのを回避されたいかたは、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
調布警察署 初回接見費用:3万7300円)

新宿区西早稲田の児童買春で家宅捜索  児童ポルノ禁止法違反に強い弁護士

2017-05-28

新宿区西早稲田の児童買春で家宅捜索  児童ポルノ禁止法違反に強い弁護士

新宿区西早稲田に住むAさんは、インターネットの出会い系サイトで知り合った少女に金銭を支払い、性交を繰り返していたところ、新宿区西早稲田を管轄する警視庁戸塚警察署の警察官に、児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで家宅捜索された後、逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

児童ポルノ禁止法違反とは】

児童ポルノ禁止法の正式名称は、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」です。

児童ポルノ禁止法では、「児童」について、「男女を問わず、18歳に満たない者」と規定しています。

児童ポルノ禁止法では、様々な行為を処罰の対象としていますが、「児童買春」もその1つです。
児童買春の成立要件は、「18歳未満の児童に対し、金銭を支払って、性交等(性行為、体を触る、裸の写真を撮る等)の行為」とされています。
児童買春の法定刑ですが、児童ポルノ禁止法で、5年以下の懲役または300万円以下の罰金と定められています。

児童買春家宅捜索されたら弁護士に相談】

児童買春等の児童ポルノ禁止法違反の容疑で自宅を家宅捜索された場合、スマートフォンや自宅のパソコン等を押収される可能性があります。
その理由として児童ポルノ禁止法等の犯罪は、相手方児童との連絡手段としてスマートフォンや自宅のパソコン等を使用することが多いためです。

家宅捜索とは、捜査機関が裁判官から令状の発布を受け、強制的に対象場所等を捜索し、証拠品を押収することです。

児童買春等の児童ポルノ禁止法違反の疑いで家宅捜索された場合、証拠品から犯行形態の詳細が判明し、また余罪が発覚することもあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、児童買春等の児童ポルノ禁止法違反事件で家宅捜索され、逮捕された後の身柄解放等の弁護活動にも多くの実績があります。
ご家族が児童買春等の児童ポルノ禁止法違反で逮捕家宅捜索され、ご不安な方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
警視庁戸塚警察署 初回接見費用:3万8800円)

東京都文京区の男女トラブルで逮捕 ストーカー規制法違反の示談交渉なら弁護士に相談

2017-05-26

東京都文京区の男女トラブルで逮捕 ストーカー規制法違反の示談交渉なら弁護士に相談

東京都文京区に住むAは、交際相手の女性Vから突然別れ話を切り出され、納得がいかず、Vの自宅や勤務先に何度も無言電話や待ち伏せ等ストーカー行為を繰り返していました。
その結果、東京都文京区を管轄する警視庁駒込警察署の警察官に、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されてしまい、突然のことに驚いたAの家族は、Vへ謝罪や示談交渉をするため、ストーカー規制法違反に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

ストーカー規制法違反とは】

ストーカー規制法では、「つきまとい等」、「ストーカー行為」を規制しています。

ストーカー規制法の「つきまとい等」とは
・つきまとい、待ち伏せ、押し掛け、うろつく行為
・無言・連続した電話、ファクシミリ、電子メール、SNS等を送信する行為
等の行為です。

ストーカー規制法で規制されている「ストーカー行為」とは
・同一の者に対して、「つきまとい等」を繰り返す行為
と定められています。

東京都文京区のAの場合、無言電話、待ち伏せ等「つきまとい行為」を繰り返していたので、ストーカー規制法の「ストーカー行為」に当たると考えられます。

ストーカー規制法違反逮捕されたら示談交渉】

ストーカー規制法違反等、男女トラブルにより刑事事件となった場合、早期に身柄が解放されるためには、被害者の方への謝罪や示談交渉が重要となります。

しかしストーカー規制法違反等の男女トラブルでは、別れ話や金銭関係等様々なトラブルが複雑に絡み合っていることも多く、被害者側も弁護士に相談している傾向があります。
そのため、加害者側もストーカー規制法違反等の刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、ストーカー規制法違反等の男女トラブルに関する刑事事件示談交渉等に多くの実績があります。

ストーカー規制法違反で家族が逮捕されてお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談、初回接見をお申込み下さい。
駒込警察署 初回接見費用:4万円)

東京都西東京市の刑事事件で弁護士を依頼! 痴漢事件で無罪を主張

2017-05-22

東京都西東京市の刑事事件で弁護士を依頼! 痴漢事件で無罪を主張

東京都西東京市に住むAさんは、通勤途中の電車内で痴漢を働いたとして、石神井警察署逮捕・起訴されました。
しかし、Aさんは全く身に覚えがなく、「無罪である」と主張しています。
Aさんは自らの「無罪」を立証すべく、刑事事件・痴漢事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

痴漢事件】
上記のように、公共の場所で痴漢行為をしたような場合には、各都道府県の条例違反となる可能性があります。
東京都であれば、東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反となります。
痴漢行為をして条例違反となった場合の法定刑は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
常習的に行っていた場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

痴漢事件での無罪主張】
東京都内の電車などでは、時間帯によっては大変な混雑が予想されます。
そのような状況では、自分は何もしていないにも関わらず、急に手をつかまれて「痴漢です!」と言われてしまう可能性もあります。
そのような場合、きちんと警察などに対して対応して、「無罪」を主張しなければなりません。

例えば、痴漢行為で起訴されたが、無罪になった事案として平成27年1月14日の千葉地裁の裁判例があります。
その裁判例では
「犯人の手が被告人の手であると判断したのは,犯人の手の動きを見たことと,被告人の顔を確認したことであると供述するにとどまっており,犯人の手の動きと,被告人の顔がどのように結びつくのかについては述べていない。」
「車内の混雑状況や被告人と被害者との位置関係からすれば視認状況に問題がなかったともいえない」
などと判断しています。
この判決を見てもわかるように、弁護士の弁護活動としては、被害者が触っていた手をAだと認識した状況に問題がなかったか等を客観的証拠や目撃証言などによって証明するというものがあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門ですので、痴漢事件の対応も豊富です。
東京都西東京市痴漢事件で無罪を目指したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
石神井警察署 初回接見費用:3万7300円)

東京都港区の公然わいせつ罪で逮捕 性犯罪事件の身柄解放に強い弁護士

2017-05-16

東京都港区の公然わいせつ罪で逮捕 性犯罪事件の身柄解放に強い弁護士

東京都港区で勤務先の送別会に参加したAは、その帰り道の路上で、ズボンを下して下半身を露出し、通行中の女性達に見せていたところ、東京都港区にある麻布警察署の警察官が駆け付けて公然わいせつ罪逮捕されました。
その知らせを受けたAの家族は驚いてしまい、早期に身柄解放してもらうにはどうしたらよいか、公然わいせつ罪等の性犯罪事件に強い弁護士に初回接見を申し込みました。
(フィクションです)

公然わいせつ罪とは】

公然わいせつ罪の成立要件は、「公然」と「わいせつな行為をすること」です。
公然わいせつ罪逮捕事案でよくある事例は、公園や道路等で下半身を露出、手淫する行為等です。

公然わいせつ罪等の性犯罪事件で逮捕された場合、そのご家族は、本人が出社できないため職場に知られて解雇されるのではないか、と不安を覚える方が多いようです。
公然わいせつ罪逮捕された場合は、通行人等被害者の方に謝罪や示談することで、早期身柄解放や、不起訴処分、刑が減軽される可能性が高まります。
しかし、公然わいせつ罪等、性犯罪事件の被害者の方は、被疑者側と関わることに不安を覚える方もいますので、性犯罪事件等専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。

また被害者の方が存在しなくても公然わいせつ罪が成立するケースもありますが、そのような場合であっても、本人の反省や、再犯防止のための環境調整等を弁護士が主張することにより、早期に身柄解放される可能性が高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、公然わいせつ罪等の性犯罪事件や刑事事件を専門に扱う弁護士事務所です。
公然わいせつ罪等でご家族が逮捕され、早期に身柄解放を望まれる方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは初回接見をお申込み下さい。
麻布警察署 初回接見費用:3万9600円)

東京都昭島市の痴漢事件で逮捕 迷惑防止条例違反に強い弁護士に依頼

2017-05-15

東京都昭島市の痴漢事件で逮捕 迷惑防止条例違反に強い弁護士に依頼

東京都昭島市に住むAは、通勤途中の電車内で、女性に痴漢行為をした疑いで周囲の乗客から声をかけられ、駅を降りて慌てて逃走してしまい、現場に駆け付けた警視庁昭島警察署の警察官に迷惑防止条例違反で逮捕されてしまいました。
逮捕の知らせを受けたAの家族は、逮捕後の流れに不安を覚え、痴漢事件等の迷惑防止条例違反に強い弁護士に相談しました。

(フィクションです)

痴漢行為で声をかけられたら】
通勤途中等、痴漢行為の疑いで、相手方の女性や周囲の方から声を掛けられた際、逮捕されるのを避けるため、慌てて逃走してしまうケースがあります。
しかし、逃走すると、逮捕、勾留されてしまう可能性が高まる傾向があります。
現在は、駅構内で痴漢行為等を抑止するためにも防犯カメラが設置されており、また逃走中、遺留品があるとそこから氏名が発覚することもあります。

その他、逃走中、他の方にぶつかる等ケガをさせてしまう等、様々なリスクがありますので、痴漢行為等で疑われても逃走する行為はやめた方がいいといえるでしょう。

痴漢行為等、迷惑防止条例で逮捕されたら】
痴漢行為等で逮捕され、事実に争いがある場合は刑事事件専門の弁護士による、取り調べのアドバイス等が重要なります。

事実を認めている場合は、被害者への謝罪や示談交渉が大切となりますが、性犯罪の被害者の方は、被疑者側との直接の交渉に不安感を抱く方が多いです。

そのため、痴漢行為等の迷惑防止条例逮捕されたら、刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧め致します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、痴漢行為等の迷惑防止条例違反事件専門の弁護士が多数所属しています。
ご家族が痴漢行為等の迷惑防止条例違反で逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料相談をお申込み下さい。
昭島警察署 初回接見飛鳥:3万7900円)

東京都青梅市の少年事件 強姦罪で逮捕されたら弁護士に相談

2017-05-14

東京都青梅市の少年事件 強姦罪で逮捕されたら弁護士に相談

東京都青梅市に住むA(18歳)は、アルバイト先から帰る途中、見知らぬ女性を強姦した疑いで、強姦罪の犯人として逮捕され、警視庁青梅警察署に留置されてしまいました。
突然のことで驚いたAの両親は、少年事件の今後の流れや被害者への謝罪等の対応に不安を覚え、強姦罪等の少年事件の経験が豊富な弁護士に相談をしました。

(上記事例はフィクションです)

強姦罪とは】
強姦罪は、刑法第177条に定められており、3年以上の懲役刑となります。
強姦罪の被害者は、年齢で構成要件が変わります。
強姦罪の被害者が13歳未満の女子の場合、暴行・脅迫の有無は関係なく、姦淫行為をした者が罰せられます。
強姦罪の被害者が13歳以上の女子の場合、暴行又は脅迫を用いて姦淫する行為が対象となります。

【少年が強姦罪逮捕されたら】
少年事件の場合も、強姦罪では、事実に争いがない場合は、被害者の方への謝罪や示談等が、その後の処分に影響します。

しかし強姦罪の被害者は、その恐怖心から、被疑者やその家族と直接話すことを拒否する傾向があります。
そのため、強姦罪等の少年事件逮捕された場合は、早急に少年事件・刑事事件専門の弁護士に相談し、弁護を依頼することが重要となります。

また性犯罪に手を染めてしまった少年の中には、以前から自分の性癖に悩みつつも周囲や家族には相談できなかったケースも考えられます。

再犯を防ぐためにも、第3者である弁護士が、接見を通じて少年に指導・教育していくことは、処分を軽くする上でも、また今後少年が強姦罪やその他の性犯罪で逮捕されないためにも重要な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強姦罪等の少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、少年やご家族の悩みに向き合い、適切な弁護活動を行うことに自信があります。
少年による強姦罪逮捕されお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
青梅警察署 初回接見費用:3万9400円)

« Older Entries