神奈川県横浜市南区の少年事件に強い弁護士 窃盗罪での逮捕に迅速対応

2017-05-03

神奈川県横浜市南区の少年事件に強い弁護士 窃盗罪での逮捕に迅速対応

横浜市南区に住む少年A(18歳)は、アルバイト先で、20万円を盗んだ窃盗罪の犯人として、神奈川県南警察署逮捕されました。
少年Aは以前も窃盗罪で逮捕されているため、今後の処分に不安を覚えたAの家族は、窃盗罪等の少年事件専門の弁護士が多く所属する、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に弁護活動を依頼しました。
(フィクションです)

少年事件とは】

少年事件では、20歳未満の少年(少女も含む)が犯罪や、刑罰法令に触れる行為をした場合に「少年事件」として手続きされます。

原則少年事件は、家庭裁判所へ事件が送致されます。
その後、調査官が少年を調査し、少年事件の審判が開始(又は「審判不開始」)となり、処分が決まります。
少年事件の処分は、不処分、保護観察、少年院送致、検察官送致(少年事件が重大犯罪の場合)などがあります。

少年事件の弁護活動】

少年事件は、少年の更生を目的とした上で処分が決定されます。
そのため少年事件では、少年院送致等の処分を防ぐために、少年事件専門の弁護士による弁護活動が重要になります。

少年事件の弁護活動の具体例としては、弁護士が家庭裁判所に対し、保護者のサポート体制や今後の更生プランを提示し、少年に再犯の見込みがないことを示す等の弁護活動があります。

これらの少年事件の弁護活動は、単に少年の処分を軽くするためだけではなく、少年が今後更生するためにも大切な弁護活動と言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の少年事件専門の弁護士は、少年の更生案を一緒に考え、不安を抱えるご家族や少年に寄り添った弁護活動を目指します。

窃盗罪等の少年事件で少年が逮捕されて不安な方、また少年の更生についてお悩みの方は、少年事件専門の弁護士が多く所属する弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談をまずはお申込み下さい(0120-631-881)。
神奈川県南警察署までの初回接見費用41,200円)

ページの上部へ戻る