刑事事件のプロによる弁護 弁護士が東京都八王子市の暴行事件で不起訴を獲得!

2017-05-05

刑事事件のプロによる弁護 弁護士が東京都八王子市の暴行事件で不起訴を獲得!

東京都八王子市に住むAさんは、八王子警察署暴行の容疑で事情を聞かれています。
被疑事実は、5月4日の深夜に、通行人Vと言い争いになった後、殴りかかってしまったというものです。
Aさんは、暴行行為をしたことを深く反省し、相手に謝罪したいと考えています。
また、今後のためにも不起訴になりたいと考えており、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

暴行事件での不起訴
暴行事件のような、殺人事件などと比べると軽微な事件の場合、きちんと対応をすることができれば、不起訴処分となる可能性も十分あります。
きちんとした対応とは、例えば、心から自分のした暴行行為を反省し、再犯防止策を考え、相手に対して謝罪と賠償をするといったものです。
検察官が起訴するか不起訴にするかの権限を持っていますので、検察官に対してしっかりと上記対応などを主張していかなければなりません。
もっとも、検察官は数多くの犯罪者を見てきていますので、嘘はすぐに見破られますし、甘い再犯防止策等であれば、考慮してくれない可能性もあります。

ですから、不起訴の可能性を少しでも上げるべくしっかりとした対応するためには、弁護士などの専門家に協力を仰いで、ともに考えることが得策と言えるでしょう。

不起訴の種類】
不起訴には大きく分けて3つの種類があります。
・嫌疑なし
・嫌疑不十分
・起訴猶予
です。
実際に暴行事件などの刑事事件を起こし、被害者や目撃者証言、客観的証拠があるような場合、嫌疑なしや、嫌疑不十分による不起訴はおおよそ考えられませんので、起訴猶予による不起訴を目指すことになります。
起訴猶予による不起訴となるためには上記に書かせていただいたような対応が必要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門のプロフェッショナルである弁護士が多数所属しています。
東京都八王子市暴行事件で不起訴のための対応をしっかりしたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士による無料相談を一度ご検討ください。
八王子警察署 初回接見費用:3万3700円)

ページの上部へ戻る