【中野区の飲酒運転で逮捕】刑事事件に強い弁護士が早期釈放に成功

2018-09-07

~事件~

大学教授のAさんは、同僚と飲酒した後に車の中で数時間の仮眠をとって車で帰宅しようとしましたが、睡魔に襲われたので、路肩に車を止めて再び眠りました。
その後、パトロール中の警察官に起こされたAさんは、飲酒検知されて、呼気からアルコールが検出されたことから飲酒運転逮捕されてしまいました。
逮捕を知ったAさんの家族に選任された刑事事件に強い弁護士は、Aさんの早期釈放に成功しました。(フィクションです。)

皆さんご存知のようにお酒を飲んで車を運転すると飲酒運転で捕まります。
Aさんのように、お酒を飲んで睡眠をとった後に運転したとしても、体内にアルコールが残っていれば飲酒運転です。
身体からアルコールが抜けるまでの時間は、個人差がありますが、ある研究機関は、体重70キロの男性が缶ビール1本(500ml)を飲んだ際に、アルコールを消化するのに3時間以上がかかると発表しています。
この事を考えると、アルコール濃度の高いお酒を飲んだ場合だと、アルコールが体内から抜けるまでにそれ以上の時間が必要になります。
体内にアルコールが残っているかどうかは飲酒検知によって明らかにされます。
検知の結果呼気1リットル当たり、0.15ml以上のアルコールが検知された場合は飲酒運転(酒気帯び運転)となるのです。

~飲酒運転で逮捕~

飲酒運転は道路交通法違反です。
軽い交通違反であれば交通反則通告制度の切符措置によって反則金を納付することで刑事手続きを免れることができますが、飲酒運転は交通反則通告制度の対象外です。
飲酒運転が発覚すればAさんのように逮捕される事もあります。
逮捕されたとしても、逮捕事実を認めていれば早期に釈放されことがほとんどですが、容疑を否認している場合は勾留されることもあります。
ご家族、ご友人が飲酒運転で逮捕された方は、刑事事件に強い弁護士を早期に選任することをお勧めします。

中野区の刑事事件でお困りの方、逮捕された方の早期釈放を求める方、飲酒運転に関するご相談は、刑事事件に強いと評判の「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所」にご相談ください。
初回法律相談:無料
警視庁中野警察署までの初回接見費用:34,800円

ページの上部へ戻る