【お客様の声】痴漢事件で被害者と示談 前科の回避に成功

2020-04-11

【お客様の声】旦那様が起こした痴漢事件の弁護活動のご依頼をいただいた奥様から頂戴した「お客様の声」を、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部が紹介いたします。

【事案の概要】

ご依頼者様の旦那様(40代・男性)は,飲み会の帰り道に路上で面識のない女性のお尻を触ったとして「痴漢」と言われ逮捕された迷惑行為防止条例違反事件。

【弁護活動と事件経過】

ご依頼者様は,旦那様と一度接見した当番弁護士からの連絡を受けて,弊所に接見を依頼されました。
弁護士が旦那様と接見したうえでご依頼者様に報告したところ,正式に弁護人を依頼されることになりました。
弁護人は直ちにご依頼者様から家庭の事情,仕事の事情について聞き取りを行った上で,検察官と裁判官に対して速やかな身柄の解放を求めて交渉を行いました。
結果として旦那様は接見した翌日に釈放され,職場にも逮捕の事実が発覚することなく復帰することが出来ました。
また,釈放後も捜査機関からの呼び出しが複数回あったため,都度弁護人と打ち合わせを行い,取調べに対しても適切な対応が出来ました。
そして,被害者の方とも連絡を取り示談の交渉を行いました。当初は被害者の方も,示談を受けたくないという対応をされていましたが,弁護人が示談交渉を行う意味やご依頼者様の家族としての対応等を丁寧にお伝えし,最終的には示談に応じていただくことが出来ました。
その結果,検察官において不起訴処分がなされ,前科がつくことを回避することが出来ました。

ページの上部へ戻る