【お客様の声】覚せい剤の使用事件で不起訴処分を獲得

2020-04-25

【お客様の声】覚せい剤の使用事件で逮捕されたお客様から頂戴した「お客様の声」を、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部からご紹介します。

【事案概要】

ご依頼者様はマッチングアプリで知り合った人物に、知らない間に体内に覚せい剤を投与されてしまったという覚せい剤取締法違反事件。

【弁護活動と事件経過】

ご依頼者様は、警察から呼び出しを受けた段階から弊所に刑事弁護を依頼されました。
弁護士が事情を聞き取ったところ、ご依頼者様には犯罪が成立しない可能性が高いことが分かった一方、警察としては、それでも逮捕状を請求し逮捕に至る可能性もあることが分かりました。
そのため、今回の事件で一番避けるべきは、やっていないことをやった、と自白してしまうことと設定し、ご依頼者様とともに警察、検察の取調べに対して徹底的に戦うことを弁護の方針としました。
取調べにおいてはご依頼者様に不利な供述が録取されないよう連日接見を行い、また留置場内での不適切な取扱いに対しては抗議文を出すなどして、自白の強要がなされないようご依頼者様をサポートしました。
また、ご依頼者様の主張は弁護士の調書としてまとめ、事件当初から主張が変わっていないことを証明しました。
弁護士が励まし続け、ご依頼者様が不当な取り調べに対して負けなかった結果、嘘の自白をしてしまうことなく、ご依頼者様は釈放されることとなりました。
釈放後も弁護人が検察官に対して、ご依頼者様に対しては何らの犯罪が成立しないことを粘り強く主張したところ、最終的に不起訴処分を得ることができました。

ページの上部へ戻る