新宿区西早稲田の児童買春で家宅捜索  児童ポルノ禁止法違反に強い弁護士

2017-05-28

新宿区西早稲田の児童買春で家宅捜索  児童ポルノ禁止法違反に強い弁護士

新宿区西早稲田に住むAさんは、インターネットの出会い系サイトで知り合った少女に金銭を支払い、性交を繰り返していたところ、新宿区西早稲田を管轄する警視庁戸塚警察署の警察官に、児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで家宅捜索された後、逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

児童ポルノ禁止法違反とは】

児童ポルノ禁止法の正式名称は、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」です。

児童ポルノ禁止法では、「児童」について、「男女を問わず、18歳に満たない者」と規定しています。

児童ポルノ禁止法では、様々な行為を処罰の対象としていますが、「児童買春」もその1つです。
児童買春の成立要件は、「18歳未満の児童に対し、金銭を支払って、性交等(性行為、体を触る、裸の写真を撮る等)の行為」とされています。
児童買春の法定刑ですが、児童ポルノ禁止法で、5年以下の懲役または300万円以下の罰金と定められています。

児童買春家宅捜索されたら弁護士に相談】

児童買春等の児童ポルノ禁止法違反の容疑で自宅を家宅捜索された場合、スマートフォンや自宅のパソコン等を押収される可能性があります。
その理由として児童ポルノ禁止法等の犯罪は、相手方児童との連絡手段としてスマートフォンや自宅のパソコン等を使用することが多いためです。

家宅捜索とは、捜査機関が裁判官から令状の発布を受け、強制的に対象場所等を捜索し、証拠品を押収することです。

児童買春等の児童ポルノ禁止法違反の疑いで家宅捜索された場合、証拠品から犯行形態の詳細が判明し、また余罪が発覚することもあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、児童買春等の児童ポルノ禁止法違反事件で家宅捜索され、逮捕された後の身柄解放等の弁護活動にも多くの実績があります。
ご家族が児童買春等の児童ポルノ禁止法違反で逮捕家宅捜索され、ご不安な方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
警視庁戸塚警察署 初回接見費用:3万8800円)

ページの上部へ戻る