【墨田区の刑事事件】客引き行為で逮捕 風俗営業に関する法律に強い弁護士

2018-07-23

~事件~

墨田区の性風俗店に勤めるAさんは,店の売上を伸ばすため,路上で通行人に対して「キャバクラどうですか。かわいい子いますよ。」などと声を掛ける客引き行為をしていました。
ある日,客引きした男性から,警察手帳を見せられたAさんは,違法な客引き行為の現行犯で逮捕され,警視庁本所警察署に連行されてしまいました。
この事件を知ったAさんの上司は,風俗営業に関する法律に強いと評判の弁護士に相談しました。(フィクションです。)

【風俗店の客引きの規制や警察の取締りについて】

街の景観保持や迷惑行為を防止する観点から,風俗営業の客引き行為は,風営適正化法各都道府県の迷惑防止条例市区町村の条例などで細かく規制され,その態様によっては,Aさんのように逮捕される場合もあります。
客引き行為時の文言が違反になったり,客引きの方法が違反となったりするなど,法律や条例により規制している内容は様々ですが,警視庁は,各種法令を駆使して風俗営業の客引き行為を厳しく取り締まっています。
また,法令によっては,客引きをした従業員だけでなく,その従業員を雇っていた風俗店を刑事罰の対象としている法律もあるので注意しなければなりません。

ちなみに最近,Aさんのように客引きした相手が,私服の警察官だったことから現行犯逮捕されたという方の話をよく耳にします。
この様なケースでは,警察官はボイスレコーダーや秘匿カメラにより,客引き行為時の様子を記録してそのデータを証拠としている場合が多いようです。

【風俗営業の客引きで逮捕されたら】

風俗営業の客引きで逮捕された場合,逮捕から48時間以内に検察庁に送致され,検察官が勾留の必要性を判断をし,必要と判断されれば裁判所に勾留を請求されて,さらに拘束期間が延びてしまうおそれがあります。
刑事事件に強い弁護士なら,逮捕直後から早期の釈放や処分の軽減に向けた活動を行うので,勾留されずに釈放されたり,起訴が猶予されたりする可能性が格段に向上します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所であり,風俗営業に関する法律にも精通しています。
墨田区の客引き行為で,従業員,ご家族,ご友人が逮捕された方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談下さい。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,フリーダイヤル0120-631-881(24時間)にて初回接見を受け付けております。※申込時の来所不要
警視庁本所警察署までの初回接見費用:37,300円

ページの上部へ戻る