逮捕の不安は弁護士に相談!国立市の危険ドラッグ事件を無料法律相談

2018-02-09

逮捕の不安は弁護士に相談!国立市の危険ドラッグ事件を無料法律相談

ある夜、会社員Aさんは、東京都国立市の路上で、警視庁立川警察署の警察官に職務質問されました。
Aさんは、カバンの中に危険ドラッグを所持していたのですが、任意の荷物検査によって、その危険ドラッグが発見されてしまいました。
Aさんは、警察署に連れていかれ、危険ドラッグについては任意提出しました。
その日は帰宅を許されたAさんですが、「薬の鑑定結果次第では逮捕するかもしれない」という話を聞かされ、不安に思っています。
(※この事例はフィクションです。)

・逮捕の可能性があるなら弁護士へ

上記事例Aさんは、任意提出した危険ドラッグ危険ドラッグであると鑑定結果により判明した際には、逮捕される可能性があります。
Aさんは会社員で、仕事のことも考えれば、逮捕という身体拘束による不利益は受けたくないところでしょう。
しかし、逮捕が嫌だからといって逃げてしまえば、それこそ逮捕される原因となりかねません。
逮捕は、証拠隠滅や逃亡のおそれがある時になされるものだからです。
では、Aさんのように、逮捕される可能性があると分かっている時、どのような対応をすべきなのでしょうか。

このような場合におすすめしたいのが、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士による初回無料法律相談です。
弊所では、刑事事件専門の弁護士による初回無料法律相談を行っています。
逮捕される可能性がある場合、身体拘束されていないうちであれば、直接弁護士のもとを訪れることで、刑事事件の手続きや対応の仕方、見通しを弁護士から聞いておくことができます。
そこから弁護士に弁護活動を依頼するのであれば、逮捕を阻止する働きかけを行ってもらうこともできます。
そして、万が一逮捕されたときに備えることもできますから、逮捕されてしまった場合にも迅速な活動へと結びつきます。

弊所の初回無料法律相談は、0120-631-881で24時間いつでもご予約が可能です。
お電話では、専門スタッフがご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
専門家の弁護士に相談に乗ってもらうだけでも、不安の軽減につながります。
遠慮なくご利用ください。
警視庁立川警察署までの初回接見費用:3万6,100円)

ページの上部へ戻る