東京都文京区の男女トラブルで逮捕 ストーカー規制法違反の示談交渉なら弁護士に相談

2017-05-26

東京都文京区の男女トラブルで逮捕 ストーカー規制法違反の示談交渉なら弁護士に相談

東京都文京区に住むAは、交際相手の女性Vから突然別れ話を切り出され、納得がいかず、Vの自宅や勤務先に何度も無言電話や待ち伏せ等ストーカー行為を繰り返していました。
その結果、東京都文京区を管轄する警視庁駒込警察署の警察官に、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されてしまい、突然のことに驚いたAの家族は、Vへ謝罪や示談交渉をするため、ストーカー規制法違反に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

ストーカー規制法違反とは】

ストーカー規制法では、「つきまとい等」、「ストーカー行為」を規制しています。

ストーカー規制法の「つきまとい等」とは
・つきまとい、待ち伏せ、押し掛け、うろつく行為
・無言・連続した電話、ファクシミリ、電子メール、SNS等を送信する行為
等の行為です。

ストーカー規制法で規制されている「ストーカー行為」とは
・同一の者に対して、「つきまとい等」を繰り返す行為
と定められています。

東京都文京区のAの場合、無言電話、待ち伏せ等「つきまとい行為」を繰り返していたので、ストーカー規制法の「ストーカー行為」に当たると考えられます。

ストーカー規制法違反逮捕されたら示談交渉】

ストーカー規制法違反等、男女トラブルにより刑事事件となった場合、早期に身柄が解放されるためには、被害者の方への謝罪や示談交渉が重要となります。

しかしストーカー規制法違反等の男女トラブルでは、別れ話や金銭関係等様々なトラブルが複雑に絡み合っていることも多く、被害者側も弁護士に相談している傾向があります。
そのため、加害者側もストーカー規制法違反等の刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、ストーカー規制法違反等の男女トラブルに関する刑事事件示談交渉等に多くの実績があります。

ストーカー規制法違反で家族が逮捕されてお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談、初回接見をお申込み下さい。
駒込警察署 初回接見費用:4万円)

ページの上部へ戻る