東京都足立区伊興の刑事事件で逮捕 脅迫事件で不起訴獲得の弁護士

2017-04-08

東京都足立区伊興の刑事事件で逮捕 脅迫事件で不起訴獲得の弁護士

神奈川県に住むAさんは、SNSで知り合った女性Vと連絡を取り合っているうちに、会いたいと思うようになりました。
しかし、Vは一向に相手にしなかったため、腹が立ち、SNSのメッセージで「適当な返事ばかりしやがって。殺してやる」と送ってしまいました。
東京都足立区伊興に住んでいたVさんは、殺されるかもしれないと畏怖し、竹の塚警察署に被害届を出しました。
後日、Aは、竹の塚警察署の警察官に脅迫の容疑で逮捕されました。
Aは、今回のことを反省し、刑事事件に強い弁護士を介して謝罪したいと考えています。
(フィクションです)

脅迫罪
SNSが普及して、様々な人と気軽に連絡をとれることによって、上記例のようなトラブルが増加している節があります。
上記Aさんの行為は「脅迫罪」にあたる可能性が高いと言えます。
脅迫罪とは「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫し」た場合に成立します(刑法222条)。
法定刑は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金です。

上記例のAさんは、神奈川に住んでいますから、神奈川県の警察が逮捕しに来るのではないか、と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
ただ、基本的には、被害届が出された警察が動くことになりますから、上記例でいえば、Vが被害届を出した「竹の塚警察署」が捜査をし、Aを逮捕することになったということになります。
ですから、事件によっては、神奈川県に住む被疑者のもとに、福岡県警の警察官がやってきて、逮捕されるということもあります。

不起訴
被疑者が気がかりなのは、やはり、逮捕された後、処分がどうなるのか、という点でしょう。
脅迫の場合、罰金刑もありますので、初犯で犯行態様も悪質でなければ、「略式罰金」(公判(裁判)が行われずに、罰金の処分が決まる)の可能性も十分にあります。
もっとも、被害者に対して謝罪・賠償をしっかりし、被害者が許してくれれば、不起訴処分の可能性もあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門であり、脅迫事件で不起訴となった例もあります。
東京都足立区刑事事件で、竹の塚警察署脅迫容疑で逮捕され、不起訴を得たいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
竹の塚警察署 初回接見費用:3万9800円)

ページの上部へ戻る