東京都昭島市の痴漢事件で逮捕 迷惑防止条例違反に強い弁護士に依頼

2017-05-15

東京都昭島市の痴漢事件で逮捕 迷惑防止条例違反に強い弁護士に依頼

東京都昭島市に住むAは、通勤途中の電車内で、女性に痴漢行為をした疑いで周囲の乗客から声をかけられ、駅を降りて慌てて逃走してしまい、現場に駆け付けた警視庁昭島警察署の警察官に迷惑防止条例違反で逮捕されてしまいました。
逮捕の知らせを受けたAの家族は、逮捕後の流れに不安を覚え、痴漢事件等の迷惑防止条例違反に強い弁護士に相談しました。

(フィクションです)

痴漢行為で声をかけられたら】
通勤途中等、痴漢行為の疑いで、相手方の女性や周囲の方から声を掛けられた際、逮捕されるのを避けるため、慌てて逃走してしまうケースがあります。
しかし、逃走すると、逮捕、勾留されてしまう可能性が高まる傾向があります。
現在は、駅構内で痴漢行為等を抑止するためにも防犯カメラが設置されており、また逃走中、遺留品があるとそこから氏名が発覚することもあります。

その他、逃走中、他の方にぶつかる等ケガをさせてしまう等、様々なリスクがありますので、痴漢行為等で疑われても逃走する行為はやめた方がいいといえるでしょう。

痴漢行為等、迷惑防止条例で逮捕されたら】
痴漢行為等で逮捕され、事実に争いがある場合は刑事事件専門の弁護士による、取り調べのアドバイス等が重要なります。

事実を認めている場合は、被害者への謝罪や示談交渉が大切となりますが、性犯罪の被害者の方は、被疑者側との直接の交渉に不安感を抱く方が多いです。

そのため、痴漢行為等の迷惑防止条例逮捕されたら、刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧め致します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、痴漢行為等の迷惑防止条例違反事件専門の弁護士が多数所属しています。
ご家族が痴漢行為等の迷惑防止条例違反で逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料相談をお申込み下さい。
昭島警察署 初回接見飛鳥:3万7900円)

ページの上部へ戻る