東京都荒川区の詐欺事件で呼び出し 逮捕回避なら刑事事件に強い弁護士

2017-03-10

東京都荒川区の詐欺事件で呼び出し 逮捕回避なら刑事事件に強い弁護士

東京都荒川区に住んでいるAさんは、振込詐欺事件で、被害者に電話を掛ける役割を果たしていました。
しかし、いわゆる受け子をやっていた共犯者が取調べされたことをきっかけに、Aさんにも、警視庁荒川警察署から呼び出しを受けることになりました。
Aさんは、警察からの呼び出しに応じたら、詐欺罪の容疑でそのまま逮捕されてしまうのではないかと不安に思い、警察署に行く前に、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

逮捕回避のための弁護活動

上記の事例では、Aさんは警察署から呼び出しを受けている段階で、まだ逮捕はされていません。
しかし、Aさんが心配しているように、これから逮捕される可能性は十分にあると言えるでしょう。

逮捕は、被疑者に逃亡のおそれや、証拠隠滅を行うおそれがある際に行われます。
すなわち、これらのおそれがないことを主張することによって、逮捕を回避できる可能性があるのです。

逮捕され、その後勾留されたとすると、最大で23日間の身体拘束を受けることになります。
1か月近くも身体拘束をされていれば、会社をクビになってしまったり、学校を退学になってしまったりする危険も高まります。
まずは逮捕を回避することで、そのリスクを減らしていきましょう。
そのためには、逮捕される前の早い段階で、刑事事件に強い弁護士に相談してみることが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、弁護士による初回無料法律相談のご予約を、24時間いつでも受け付けています(0120-631-881)。
警察から呼び出しを受けてしまった、もしかしたら逮捕されるかもしれない、となったら、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
刑事事件専門の弁護士が、逮捕への不安や、刑事事件への不安に、丁寧にお答えします。
(警視庁荒川警察署までの初回接見費用:3万7100円)

ページの上部へ戻る