東京都荒川区の通帳詐欺事件で任意出頭 口座凍結されたら刑事事件専門の弁護士

2017-05-13

東京都荒川区の通帳詐欺事件で任意出頭 口座凍結されたら刑事事件専門の弁護士

東京都荒川区に住むAは、インターネットの掲示板で口座売買の募集サイトを見て、小遣い稼ぎのため、銀行で口座を開設後、関係者に通帳とキャッシュカードを渡して暗証番号を伝えました。
その後、Aの口座凍結され、警視庁荒川警察署から通帳詐欺事件に関与した疑いで任意出頭を要請されたため、不安になったAは通帳詐欺事件等の刑事事件に強い弁護士に弁護を依頼しました。

通帳詐欺事件で口座凍結されたら】
オレオレ詐欺等の犯罪に、口座が使われた事実が判明した場合、口座凍結手続きが行われます。
口座凍結の情報は、各金融機関や捜査機関で共有されているようです。
そのため、別の金融機関で新しく口座開設しようとした際、行員の方から事情を聴かれ、また場合によっては警察に通報されて、任意出頭を求められる可能性もあります。
通帳詐欺事件に関与した覚えがない場合でも、口座凍結されていますと、捜査機関から事実確認のため、任意出頭若しくは、事情聴取される可能性があります。

通帳詐欺事件で任意出頭要請されたら弁護士に依頼】
口座凍結された理由としてよくある事案が、その口座がオレオレ詐欺や還付金詐欺、又はオークション詐欺、通帳詐欺事件等様々な組織犯罪のツールとして利用されているケースが挙げられます。
通帳詐欺事件等の組織犯罪の場合、警察側で既にある程度主犯を逮捕し、また口座売買の関係者から事情聴取をしている可能性もありますので、任意出頭を要請されたら、通帳詐欺事件等の刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めいたします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、通帳詐欺事件等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、取り調べ等のアドバイスの他、被害者との示談交渉等について弁護活動を行います。
口座凍結等の通帳詐欺事件に関与した疑いで警察から任意出頭を要請されましたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にまずは無料相談をお申込み下さい。
荒川警察署 初回接見費用:4万1000円)

ページの上部へ戻る