東京都文京区の刑事事件(強盗事件)で逮捕 弁護士に活動で刑務所を回避!

2018-06-23

東京都文京区の刑事事件(強盗事件)で逮捕 弁護士に活動で刑務所を回避!

東京都文京区に住むAは、強盗事件を起こした容疑で大塚警察署逮捕されました。
Aは、強盗被害が複数件あるという点や行為の悪質性などから、実刑判決になる可能性が見込まれています。
Aの両親は、刑務所行きを何とか避けるため刑事事件に強い弁護士に接見と弁護依頼をしました。
(フィクションです)

刑務所とは?】
刑務所とは、法律に違反した者が裁判の結果「有罪」となり、執行猶予がつかない懲役刑を言い渡された場合に収容される刑事施設のことを言います。

なお、「警察に逮捕されたから、刑務所に接見に行ってほしい」と勘違いされている方もいらっしゃいます。
しかし、上述のとおり、刑務所は有罪となった後に収容される施設であり、被疑者が警察に逮捕された後、取調べや捜査するために犯人が収容される施設は「留置場」(ごくまれに留置所ではない可能性はあります)であるため、刑務所とは異なる点注意が必要です。

刑務所内の生活】
刑務所内では、受刑者の大部分を占める懲役受刑者に刑務作業を行わせます。
刑務作業とは、刑法に規定された懲役刑の内容であるとともに、受刑者の矯正及び社会復帰を図るための処遇の一つです。
これは、受刑者に規則正しい勤労生活を送らせることによって、その心身の健康を促進・維持し、共同生活における自己の役割・責任を自覚させたりすることで、人格的成長・円滑な社会復帰を目指しています。

強盗事件等の重大犯罪を複数件行っているような場合には、初犯であっても実刑(刑務所)となる可能性があります。
そのため、刑務所を避けるためには、被害者に誠心誠意謝罪し被害回復を図ったり、再犯防止のための監督をきちんと裁判官に主張していく必要があります。
東京都文京区刑事事件強盗事件で、刑務所生活を避けたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
大塚警察署 初回接見費用:3万5800円)

ページの上部へ戻る