東京都調布市の暴力行為,精神疾患が疑われる場合は弁護士の早期対応が鍵!

2018-04-12

東京都調布市の暴力行為,精神疾患が疑われる場合は弁護士の早期対応が鍵!

東京都調布市のAさん(33歳男性)は,統合失調症の精神疾患を患っており,ある日,自宅で招いた友人Vさんと口論となり,カッとなったAさんは,自宅の包丁を持ち出して,Vさんに対し,包丁の先端を向けて「刺すぞ」などと脅してしまいました。
驚いたVさんの両親が110番通報をすると,Aさんは駆け付けた警視庁調布警察署の警察官に暴力行為の事実で逮捕されてしまいました。
それを知ったAさんの両親は刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。(フィクションです)

暴力行為について】
事例のように,包丁という凶器を示して脅迫をする行為は,「暴力行為等処罰ニ関スル法律」で禁止されている暴力行為であり,3年以下の懲役又は30万円以下の罰金という罰則が規定されています。
なお,事例の場合,銃刀法違反や殺人未遂などの罪も考えられますが,自宅内での刃物の持ち出しであることや殺意の立証が困難であるため,前記の暴力行為で立件される事例が目立ちます。

精神疾患が疑われる場合は】
事例のように,統合失調症などの精神疾患を患っていたり,又は精神疾患が疑われ,それが犯行の原因と考えられる場合は,刑事手続きよりも治療を優先させるべきです。警察や検察も精神疾患が認められる場合は保健所等の関係機関に通報したり,精神鑑定を行うなどの義務があります。また,裁判所が精神疾患に起因する犯行であると認定すれば,刑事責任能力がないとして無罪が言い渡される場合もあります。
刑事事件専門の弁護士は,それらの手続きにも精通しています。迅速にご家族からの意見や,医師の意見を集めるなどして,精神疾患の状況を疎明して早期治療の必要性を検察官や裁判官に訴えることができます。それにより早期に釈放され,又は刑事処分を免れて治療に専念できる環境が生まれる可能性が高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士法人であり,所属する弁護士は刑事手続きに精通しています。

東京都調布市暴力行為精神疾患が疑われる場合はぜひ一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談下さい。
警視庁調布警察署 初回接見費用:37,300円)

ページの上部へ戻る