東京都江戸川区の少年事件(強盗罪)で逮捕 少年院送致回避を目指すなら弁護士に相談

2017-06-26

東京都江戸川区の少年事件(強盗罪)で逮捕 少年院送致回避を目指すなら弁護活動 

東京都江戸川区に住む少年A(18歳)は、小遣い稼ぎのため路上強盗を繰り返していたところ、東京都江戸川区を管轄する小岩警察署の警察官に強盗罪逮捕されました。
少年Aの両親は、少年院送致にならないためにはどうしたらよいか、少年事件、刑事事件に強い、弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

強盗罪

強盗罪は刑法第236条に定められ、法定刑は5年以上の懲役刑とされています。
強盗罪の成立要件については、「暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取すること」です。(同法236条1項)
強盗罪の「暴行・脅迫」の程度は、「相手方の犯行を抑圧するに足りる程度」とされ「最狭義の暴行・脅迫」とされています。
強盗罪の犯意は、「暴行、脅迫を加えて、相手方の犯行を抑圧し、その財物を奪取する認識があれば足りる」とされ、財物の種類、数量などについて逐一認識する必要はないと考えられています。

少年院回避を目指す弁護活動】

強盗罪逮捕された場合、たとえ初犯であっても、審判で少年院送致の処分が下される可能性が高いと言えます。

少年院は、健全な育成を図ることを目的として、矯正教育等を行う更生施設でもあります。
そのため、少年院送致を避けるためには、事件について反省の気持ち、更生への努力、環境整備等の弁護活動が重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、少しでも処分を軽くするための弁護活動を適切に行います。

東京都江戸川区の少年による、強盗罪等で家族が逮捕されお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
小岩警察署 初回接見費用:4万700円)

ページの上部へ戻る