東京都福生市の刑事事件(強制わいせつ事件)を弁護士に相談 不起訴の種類って?

2018-04-27

東京都福生市の刑事事件(強制わいせつ事件)を弁護士に相談 不起訴の種類って?

東京都福生市に住むAさんは、Vさんに対する強制わいせつの容疑で福生警察署に逮捕され、後日、東京地方検察庁立川支部へ送検されました。
Aさんは容疑を認めています。
Aさんの妻は、相談をしに行った刑事事件専門の弁護士から、「示談ができれば不起訴の可能性も高い」と言われました。
(フィクションです)

強制わいせつ事件での不起訴
今日、世間では、某アイドルグループのメンバーが強制わいせつ事件を起こし、書類送検されたという話題で持ちきりです。
その際、多くのテレビ番組で「示談が締結できているため、不起訴となることが見込まれます」との見解がなされています。

強制わいせつ罪は、従来は親告罪であったため、被害者が「告訴」をしなければ、不起訴処分となっていました。
しかし、現在は、強制わいせつ罪は、親告罪ではなくなったため、被害者が「告訴」をしなくても必ず不起訴になるということにはならず、検察官の判断によっては起訴される可能性があります。
もっとも、被害者と示談をしているという状況がありますから、おそらく、告訴の取消し(被害届取下げ)もなされていると思われます。
であれば、そのような状況で検察官が強硬に起訴をするとは考え難く、おそらく、大方の予想とおり不起訴処分となる可能性が高いと言えるでしょう。

不起訴の種類】
なお、同じく、多くのテレビ番組で「不起訴の中でも起訴猶予の可能性が高いでしょう」とも言われています。
では、起訴猶予とはなんでしょうか。

不起訴には大きく分けて3つの類型があります。
①嫌疑なしによる不起訴、②嫌疑不十分による不起訴、そして③起訴猶予による不起訴です。
そのうち、③起訴猶予による不起訴、とは「裁判で被疑者が有罪であると証明できる場合であったとしても、性格や年齢、境遇、犯罪の情状、犯行後の情状等を総合的に考慮して、起訴をする必要がないと判断した場合を指します。

上記ケースのAさんに関していえば、Aさんは、強制わいせつ事件自体は認めていますから、嫌疑なし又は不十分ではありません。
ですから、もし、相手と示談をして不起訴になる場合には、起訴猶予処分となる可能性が高いのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門であり、強制わいせつ事件を含む数多くの刑事事件を担当してまいりました。
東京都福生市刑事事件でお困りの方は、弊所まで一度ご相談ください。
福生警察署 初回接見費用:3万9000円)

ページの上部へ戻る