東京都八王子市四谷町の少年事件で逮捕 逆送後の事件対応でも評判のいい弁護士

2017-03-26

東京都八王子市四谷町の少年事件で逮捕 逆送後の事件対応でも評判のいい弁護士

東京都八王子市四谷町に住むA君(18歳)は、友人Vを死なせてしまった罪(傷害致死)で逮捕されました。
A君は家庭裁判所の審判の結果、「逆送」決定がなされてしまいました。
今後の、A君のことが心配になった、両親は、刑事事件・少年事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

逆送
少年が上記のような傷害致死事件を起こして逮捕された場合、家庭裁判所で審判を受けることになります。
その審判の結果、処分が下されます。
処分としては、「不処分」「保護処分(保護観察・児童自立支援施設又は児童養護施設送致・少年院送致)」「児童福祉手続き」「検察官送致」等が挙げられます。
このうち、「検察官送致」のことを「逆送」と言います。
逆送」は、家庭裁判所が、少年に保護処分ではなく刑事処分に科すことが相当であると判断した場合になされます。
逆送」の要件としては
・死刑、無期又は禁錮に当たる罪であること
・上記罪を「犯した少年」であること
・「その罪質及び情状に照らして刑事処分を相当と認めるとき」であること
というものが挙げられます。
弁護士としては、「逆送」を避けるために、この要件を満たさないことを主張していくことになります。

もっとも、上記例のように、「傷害致死事件」は原則逆送となります。
というのも、少年法20条2項は「故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪の事件」であって、「その罪を犯すとき16歳以上の少年」については、原則として逆送決定しなければならないとされているからです。
ですから、通常の刑事裁判と同じ流れになりますので、しっかりと弁護活動が必要になってきます。

東京都八王子市四谷町少年事件で、逆送された場合、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
高尾警察署 初回接見費用:3万5700円)

ページの上部へ戻る