東京都八王子市の住居侵入事件で逮捕 少年事件なら早期に弁護士に無料相談

2017-03-08

東京都八王子市の住居侵入事件で逮捕 少年事件なら早期に弁護士に無料相談

東京都八王子市に住んでいる17歳のAさんは、待ち合わせの時間に急いでいたため、目的地までの道の途中にあるVさんの家の庭に柵を乗り越えて、近道をしようとしました。
すると、家人であるVさんがそれを発見し、Aさんは、Vさんの通報を受けた警視庁八王子警察署の警察官に、住居侵入罪の疑いで逮捕されてしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

住居侵入罪について

住居侵入罪とは、刑法130条に定められている犯罪で、正当な理由がないのに、人の住居や人の看守する(=事実上管理・支配している)邸宅、建造物等に侵入した者について、3年以下の懲役又は10万円の罰金に処するというものです。

一般的には、住居の庭の部分に関しても、住居侵入罪の「住居」であるとされています。
したがって、上記事例のAさんは、近道をしようという理由、すなわち、正当な理由なしに、Vさんの家の庭に侵入しているので、住居侵入罪に当たると考えられます。

少年事件の手続きについて

少年事件は、一般の刑事事件と同じように、捜査手続きを経た後、原則として全ての事件が家庭裁判所へ送致されます。
これを全件送致主義といいます。
つまり、少年事件には、成人の刑事事件でいうところの、起訴猶予処分はないということになります。

少年事件において全件送致主義がとられている理由は、少年法で、少年の更生と健全な育成が第一義とされているためです(少年法1条)。
事件自体がごく軽微なものであったとしても、その少年の抱える問題が大きい場合があるため、全ての少年事件について、専門家である家庭裁判所に送る、ということになっているのです。

しかし、家庭裁判所へ送られてからの少年事件の流れや手続きは、一般の方には見えにくく、分かりにくいものです。
少年事件に不安を感じている方は、専門家である弁護士に無料相談してみることから始めてみませんか。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、無料相談や初回接見サービスを通して、あなたの不安を解消します。
警視庁八王子警察署までの初回接見費用:3万3700円)

ページの上部へ戻る