東京都八王子市の刑事事件で任意出頭 談合罪の取り調べ対応なら弁護士に相談

2017-06-15

東京都八王子市の刑事事件で任意出頭 談合罪の取り調べ対応なら弁護士に相談

東京都八王子市は「予算額3億円、予定価格2億8千万円」で「同市のスポーツ施設の新築工事」のため、建設会社A、B、C、D社を指名し指名競争入札を行いました。
その際、八王子市で建設請負業を営むAと、B社の代表取締役の2人は入札金額について談合し、Aの会社を入札させた後、AはBに謝礼金を支払いました。
その後、AとBは談合罪の疑いで八王子警察署任意出頭を要請されました。
(フィクションです。)

談合罪とは】

刑法第96条の3の1項では「競売入札妨害罪」について、2項では「談合罪」について定め、その法定刑は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金とされています。

談合罪について説明しますと、まずの「談合」とは、入札者や競売者が事前に、特定の人を入札者や落札者にするため、価格を調整等することです。

談合罪の成立要件は、「公の競売又は入札」に対し、「公正な価格を害し、又は不正な利益を得る目的」で、「談合すること」です。
談合罪の主体は、競争入札者に指定された者である必要はなく、自己と特別な関係にある競売等の希望者で、影響を及ぼすことのできる地位にある者も対象となります。
また談合罪は目的犯で、「公正な価格を害する目的、または不正な利益を得る目的」が必要です。
その他、談合罪の対象については「公の競売、又は入札」とされています。

談合罪任意出頭を要請されたら】

談合罪等で任意出頭を要請され、全く身に覚えがない場合は、取り調べ等の対応では注意が必要です。
このような場合は、取り調べに応じる前に、関係資料等を集め、捜査機関に提示し、身に覚えがないことを視覚的にも主張することが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、談合罪等、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、取り調べの対応や、証拠資料の精査等に精通しています。
また談合罪に身に覚えがある場合でも、処分が少しでも軽くなるよう適切な弁護活動を行います。

談合罪等の刑事事件で任意出頭を要請されたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
八王子警察署 初回接見費用:3万3700円)

ページの上部へ戻る