東京都東村山市内の刑事事件で逮捕 商標法違反に強い刑事事件専門の弁護士

2017-01-26

東京都東村山市内の刑事事件で逮捕 商標法違反に強い刑事事件専門の弁護士

東京都東村山市内に住むAさんは、有名ブランドのロゴをつけてブランド品として見せかけて、インターネット上でお客に売っていました。
Aは同市内に住むBさんにも同様に売却していたところ、Bさんが被害届を出し、被害届を受けた東村山警察署は、Aを商標法違反の罪で逮捕しました。
Aは今回の件を反省し、二度と偽ブランド品を販売しないと述べています。
Aは、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです)

商標法
商標法とは、商標の使用をする者に独占的な使用権(商標権)を与えることによって、業務上の信用の維持を図って産業の発達に寄与するとともに、需要者の利益を保護するために制定された法律のことを指します。

・ブランドやメーカーのロゴなどを勝手に使ったり、コピー商品や偽ブランド品を製造・販売・所持したりすること
・商標保護対象でないのに、他人の商標を虚偽で表示したりすること
などを行った場合、商標法違反となってしまいます。

近年、科学技術が進歩したことにより、簡単に模造品を作成でき、また、ネットを使うことで簡単に売却することができるようになりました。
弊所にも、お小遣い稼ぎの軽い気持ちで上記行為をし、商標法違反で警察によびだされていると相談にいらっしゃる方も少なくありません。

例えば、上記Aさんは、有名ブランドのロゴを付してブランド品に見せかけて売っていますので、商標権侵害として禁止行為にあたります。
法定刑は、10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金、又はこれらの併科となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門であり、商標法違反の事件も数多く経験してきております。
東京都東村山市商標法違反事件で逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
東村山警察署までの初回接見費用:3万7800円)

ページの上部へ戻る