東京都北区の飲酒運転,飲酒検知拒否で逮捕 早期釈放なら専門の弁護士に

2018-04-11

東京都北区の飲酒運転,飲酒検知拒否で逮捕 早期釈放なら専門の弁護士に

東京都北区のAさんは,飲酒をした上,自動車を運転していたところ,警視庁赤羽警察署の警察官の飲酒検問を受けました。
警察官がAさんに対し,飲酒検知をしようとしましたが,飲酒運転がばれてしまうのを恐れたAさんは,頑なに飲酒検知を拒み続けたところ,Aさんは飲酒検知拒否の罪で警視庁赤羽警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

飲酒運転について】
飲酒運転は,大きく「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」に分けられます。
「酒酔い運転」とは,アルコールの影響で正常な運転ができない状態での飲酒運転
「酒気帯び運転」とは,上記の状態ほどではないものの,酒気を帯びた状態での飲酒運転
とされています。この二つの違いは,呼気中のアルコール濃度や,質問に対する受け答えや歩行検査などによって判断されます。
飲酒運転は,違反点数だけでなく,刑事罰が設けられており「酒酔い運転」の場合は,5年以下の懲役又は100万円以下の罰金,「酒気帯び運転」の場合は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる場合もあります。

飲酒検知拒否について】
道路交通法において,警察官等による飲酒検知に関して運転者は受忍義務があり,飲酒運転の疑いがあるにも関わらず,飲酒検知を拒否した場合は,飲酒運転の罰則とは別に3か月以下の懲役又は50万円以下の罰金という罰則設けられています。ですから,事例のように再三の説得にも関わらず飲酒検知を拒否した場合は,逮捕されてしまうことも考えられるのです。

飲酒検知拒否で逮捕されたら】
飲酒検知拒否で逮捕されてしまったら,早期釈放を実現するため,迅速に関係機関に働きかける必要があります。刑事事件専門の弁護士ならば,これまでの経験からそのノウハウが豊富にありますので,早期釈放が実現する可能性が高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件専門の弁護士事務所であり,飲酒運転等の道路交通法令に精通した弁護士も多数在籍しています。

東京都北区飲酒運転飲酒検知拒否等でお困りの方はぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談下さい。
警視庁赤羽警察署 初回接見費用:36,400円)

ページの上部へ戻る