東京都江東区大島の刑事事件で逮捕 弁護士の示談交渉により恐喝事件で釈放

2017-02-07

東京都江東区大島の刑事事件で逮捕 弁護士の示談交渉により恐喝事件で釈放

東京都江東区大島に住むAさん(30)は、近所の公園で高校生に因縁をつけ現金1万円を脅しとったことにより、城東警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんの母親は息子が逮捕されたことに驚き、勾留が長引くと会社をクビにされてしまうことを心配し、早期の釈放を求め刑事事件専門の弁護士事務所に相談しました。
(フィクションです)

恐喝罪】
刑法249条
人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

本罪は、相手に対し財産的処分行為をさせる手段として他人を畏怖させるような暴行又は脅迫を加えると成立します。
恐喝罪の暴行とは、不法な有形力の行使をすることをいい、相手方の犯行を抑圧するに足りる程度に至らないものであることが必要です。
恐喝罪の脅迫とは、人を畏怖させるような害悪の告知をすることをいい、脅迫罪の場合と異なり、必ずしも生命、身体、自由、名誉、財産に対するものであることを要しません。

【早期の釈放の実現に向けて】
早期の釈放のために、弁護士はまず被害者に対し示談交渉を行います。
弁護士示談が整いましたら示談書を初め、罪を認め反省していることや同居家族の監督体制が確りと整っている等の資料を作成し、検察官に対し釈放を請求します。
これらの活動は、被疑者の家族で行うことは難しく、法律のプロであり多くの示談に成功している弁護士に依頼することが賢明と言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の法律事務所です。
刑事事件専門の法律事務所は都内を初め全国に複数存在しますが、我々は常に依頼者に寄り添った活動を心掛けており、事件解決まで全力で活動します。
東京都江東区大島刑事事件でお困りの際は是非相談してください。
初回相談は無料で実施しております。
(城東警察署 初回接見費用:37300円)

ページの上部へ戻る