東京都町田市で刑事事件で評判のいい弁護士 強要事件で被害者対応

2017-04-29

東京都町田市で刑事事件で評判のいい弁護士 強要事件で被害者対応

東京都町田市に住むAさんは、町田警察署から強要罪の容疑で取調べを受けています。
被疑事実は、Aは、町田市内の家電量販店に出かけたところ、目当ての製品が在庫切れであったこと、さらに、それに対する店員の対応に激怒して、店員土下座して謝罪させたというものです。
Aは、その様子を動画で撮り、インターネットに挙げて話題になっていました。
店員などから被害届もでています。
Aは、今後自分がどうなるのか心配で、刑事事件評判のいい弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです。)

【モンスタークレーマーと強要
相手のささいなミスを大げさに取り上げて文句し、過度なおわび(例えば、店内での土下座など)を要求するといった、モンスタークレーマーの話題が時々取り上げられます。
また、その様子の一部始終を動画で撮り、ネット上にアップするという出来事も起こっています。
実際に、上記の事例のように、店員に土下座行為をさせたとして、強要容疑で逮捕された例が発生しています。
では、強要罪とはいったいどのような罪なのでしょうか。

強要罪は刑法223条に定められており、
「生命、身体、自由、名誉、若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害し」た場合に成立します。

強要罪の法定刑は、三年以下の懲役とされており、罰金などの規定はありません。
ですから、強要罪で検察官が起訴するという判断をした場合、無罪などにならない限りは実刑判決が下されることになってしまいます。

強要に強い弁護士
強要事件では、被害の賠償や示談交渉など、被害者対応が非常に重要です。
強要事件で被害者と示談が成立すれば、検察官が被疑者を不起訴とする可能性が高まります。
不起訴となれば、事件は裁判になることもなく、被疑者に前科がつくこともありません。

しかし、強要被害者は、被疑者による脅迫や暴行に怯えたり、被疑者を憎悪している場合が多いため、被疑者本人が被害者対応を行うことは困難です。

そこで、このような被害者対応を含む事件では、刑事事件を数多く取り扱う評判のいい弁護士にすぐに相談・依頼することをおすすめします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強要も含め、多くの事件で被害者対応を行い、事件の早期解決を実現しています。

ご自身またはご家族が強要を行ってしまった方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士による無料法律相談をご利用ください。
(警視庁町田警察署までの初回接見サービス費用:3万7800円)

ページの上部へ戻る