東京都町田市の女性の下着泥棒事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士に相談

2018-02-10

東京都町田市の女性の下着泥棒事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士に相談

東京都町田市に住むAさん(女性)は,好意を持っている男性の下着を盗んだ容疑(下着泥棒)で町田警察署逮捕されました。
Aさんの家族は,刑事事件専門の弁護士事務所に今後どうなるのか相談へ行きました。
(フィクションです)

【女性の下着泥棒
下着泥棒と言われた場合,多くの方は「男性が女性の下着を盗んだ」というケースを思い浮かべるでしょう。
しかし,下着泥棒と言っても,当然ながら上記例のように,女性が男性の下着を盗むケースもありますし,女性が女性の下着ないし,男性が男性の下着を盗むケースもあります。
いずれにせよ,下着泥棒をしてしまった場合,刑法上の窃盗罪が成立することになります。
また,もし,敷地内に侵入しての下着泥棒であったような場合には,住居侵入罪も成立することになってしまいます。

さらに,仮に,下着泥棒を働いている際に,住人に見つかってしまい,「殺すぞ。静かにしろ」などと言って相手を脅迫して下着を盗んだ場合には,強盗罪になってしまう可能性があります。
強盗罪になった場合,罰金刑はありません(5年以上の有期懲役)ので,検察官が起訴するという判断をした場合,裁判となってしまいます。
盗んだものが「多額の現金」であろうと,「下着」であろうと,成立する罪名は変わりませんので,(当然のことですが)たかが下着泥棒と安易な気持ちで行ってはいけません。

ですが,もし,身内が下着泥棒などをしてしまい,逮捕されてお困りの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談ください。
今後の刑事事件の流れなどを丁寧にご説明させていただきます。

町田警察署 初回接見費用:3万7800円)

ページの上部へ戻る