東京都目黒区のセクハラ事件で弁護士 PTSDによる傷害罪で被害届を出されたら?

2018-04-29

東京都目黒区のセクハラ事件で弁護士 PTSDによる傷害罪で被害届を出されたら?

東京都目黒区に住むAさんは、同僚の女性Vに対して卑猥な言葉を投げかけていました。
Vさんは何度か「やめてください」といったにもかかわらず、Aさんの言動は治りませんでした。
ある日、Aさんは、碑文谷警察署から「Vがセクハラにより、PTSDとなった。その件で、傷害罪として被害届が出されている」と言われました。
Aは、傷害事件等の対応も豊富な弁護士事務所の弁護士に相談しに行きました。
(フィクションです)

セクハラによる刑事事件?】

今日、財務省の事務次官によるセクハラ報道が頻繁になされています。
セクハラとは、「セクシュアルハラスメント」のことを指しますが、セクハラは労働事件・民事事件上のものではないか?という声がちらほら聞こえてきます。
たしかに、セクハラは、主としては労働や民事で争いになることが多いと言えます。
しかし、上記ケースのようにセクハラによって刑事事件となってしまうことも少なくありません。
例えば、身体に触れるようなセクハラであれば、条例違反や強制わいせつ罪、言動によるセクハラであれば、内容によっては名誉棄損罪などが成立しえます。
また、上記のように、卑猥な言動を投げかけるセクハラにより、被害者がPTSDになったような場合には、傷害罪が成立する可能性があります。

セクハラによる傷害事件】

傷害罪は、人の生理的機能を障害したような場合(「傷害」行為)に成立します。
そして、判例上、隣人の騒音によりPTSDになったような事案の場合にも、「傷害」とみとめ、傷害罪の適用を認めているものがあります。
ですから、上記のようにセクハラ的言動が繰り返されることで、PTSDとなった場合には、傷害罪が成立する可能性があるのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所であり、数多くの傷害事件も経験してまいりました。
東京都目黒区でセクハラによる傷害罪の被害届が出されてお困りの方は、一度弊所までご相談ください。
碑文谷警察署 初回接見費用:3万6700円)

ページの上部へ戻る