東京都港区の公然わいせつ罪で逮捕 性犯罪事件の身柄解放に強い弁護士

2017-05-16

東京都港区の公然わいせつ罪で逮捕 性犯罪事件の身柄解放に強い弁護士

東京都港区で勤務先の送別会に参加したAは、その帰り道の路上で、ズボンを下して下半身を露出し、通行中の女性達に見せていたところ、東京都港区にある麻布警察署の警察官が駆け付けて公然わいせつ罪逮捕されました。
その知らせを受けたAの家族は驚いてしまい、早期に身柄解放してもらうにはどうしたらよいか、公然わいせつ罪等の性犯罪事件に強い弁護士に初回接見を申し込みました。
(フィクションです)

公然わいせつ罪とは】

公然わいせつ罪の成立要件は、「公然」と「わいせつな行為をすること」です。
公然わいせつ罪逮捕事案でよくある事例は、公園や道路等で下半身を露出、手淫する行為等です。

公然わいせつ罪等の性犯罪事件で逮捕された場合、そのご家族は、本人が出社できないため職場に知られて解雇されるのではないか、と不安を覚える方が多いようです。
公然わいせつ罪逮捕された場合は、通行人等被害者の方に謝罪や示談することで、早期身柄解放や、不起訴処分、刑が減軽される可能性が高まります。
しかし、公然わいせつ罪等、性犯罪事件の被害者の方は、被疑者側と関わることに不安を覚える方もいますので、性犯罪事件等専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。

また被害者の方が存在しなくても公然わいせつ罪が成立するケースもありますが、そのような場合であっても、本人の反省や、再犯防止のための環境調整等を弁護士が主張することにより、早期に身柄解放される可能性が高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、公然わいせつ罪等の性犯罪事件や刑事事件を専門に扱う弁護士事務所です。
公然わいせつ罪等でご家族が逮捕され、早期に身柄解放を望まれる方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは初回接見をお申込み下さい。
麻布警察署 初回接見費用:3万9600円)

ページの上部へ戻る