東京都三鷹市内の刑事事件で逮捕 暴行事件で前科回避の弁護士

2017-01-13

東京都三鷹市内の刑事事件で逮捕 暴行事件で前科回避の弁護士

東京都三鷹市内に住むAさん(27歳)は、前から歩いてくる男性Vに笑われた気がしたため、「なに笑っているんだ」とVの胸ぐらをつかんでしまいました。
Vに警察を呼ばれたため、Aは我に返ってVに謝罪しましたが、Vは「今は許すとか考えていない」と言っています。
Aは前科がつくことは避けたいと考え、前科がつくことを回避できることで評判の刑事事件専門の弁護士のいる弁護士事務所へ相談に行きました。
(フィクションです)

前科とは】
前科」には、明確な定義があるわけではありません。
一般的には、過去に言い渡された刑罰の経歴のことを言います。
前科といわれると、まず思い浮かべるのは「懲役刑」でしょう。
たしかに、懲役刑も前科にあたりますが、それだけではありません。
罰金処分も前科となるのです。
ですから、検察官に「略式罰金で事件終了します」と言われた場合、公開の裁判が開かれていないから前科にならない、というわけではなく、前科がついてしまうのです。

前科がつくとどうなるのか】
では、暴行事件等で、前科がつくとどうなるのでしょうか。
まず、検察庁が管理している前科調書に名前が記載されます。
前科調書は、裁判などで、前科の有無・内容を証明する証拠として用いられます。
そして、一旦前科調書に記載された内容は消えることはありません。
また、本籍地の市区町村で管理される犯罪人名簿に一定期間掲載されるなどの措置もとられます。

そして、前科がついていれば、いくつかの職業になることが制限されてしまいます。
前科の内容(罰金なのか、執行猶予か等)によって変わってきますが、前科がついていると欠格事由に該当する可能性があるのです。

このような不利益を生じさせる「前科」がつくのを避けるためには、不起訴処分を得るなどして、刑事裁判にならないようにする必要があります。

東京都三鷹市暴行事件で、前科がつくのを回避したいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の前科回避で評判のいい弁護士までご連絡ください。
三鷹警察署 初回接見費用:3万7500円)

ページの上部へ戻る