東京都武蔵野市で刑事事件 自転車事故(過失傷害事件)で弁護士が示談し不起訴に

2018-04-01

東京都武蔵野市で刑事事件 自転車事故(過失傷害事件)で弁護士が示談し不起訴に

東京都武蔵野市に住む専業主婦のAさんは,自転車を運転中に歩道を歩いていたVさんと接触してしまいました。
人身事故として警察から事情聴取を受けたAさんでしたが,後日Vさんから「刑事告訴を予定している」という連絡を受けました。
Aさんは,逮捕されてしまうと旦那と子どもを不安にさせてしまうと思い,刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(上記事例はフィクションです)

自転車による人身事故は何罪か】
自動車による事故には「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」が適用されるのに対し,自転車による事故には刑法が適用されます。
刑法209条1項は,「過失により人を傷害した者は、30万円以下の罰金又は科料に処する。」として過失傷害罪を規定しています。
車両の場合はわき見運転やスピードの出しすぎによる人身事故過失傷害に当たります。

過失傷害罪は被害者からの告訴がなければ検察官が起訴できない親告罪です(209条2項)。
そのため,たとえ自転車による人身事故を起こしたとしても被害者から告訴が取り下げられれば不起訴処分になります。
不起訴処分を目指すのであれば被害者との示談により告訴を取り下げてもらうことが重要な活動と言えるでしょう。

【適切な被害者対応について】
先ほど自転車による人身事故が起こった場合,被害者に過失傷害罪での告訴を取り下げてもらうことが重要だと述べました。
しかし,加害者が逮捕・勾留されている場合本人は示談できず,家族が示談しようにも接見制限により加害者から詳しい内容を聞けないとなると困難が伴います。
たとえ逮捕・勾留がなされていなくとも,被害者が強い怒りを抱いていたり金額の合意がまとまらなかったりすると加害者のみでは上手く示談できない場合が殆どです。
このような事態に対応するには,刑事事件専門の弁護士など示談交渉の経験が豊富な弁護士に依頼するのが適切な手段といえるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,被害者と示談を成立させ不起訴処分を獲得するに至った経験が数多くあります。
たとえ逮捕・勾留がなされてしまったとしても,刑事事件専門を謳う当事務所にご相談いただければ最適な対応を致します。
自転車による人身事故など過失傷害事件を起こしてしまった際は,お早めに弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談をご検討ください。
武蔵野警察署 初回接見費用:3万6000円)

ページの上部へ戻る