東京都武蔵野市の刑事事件で逮捕 条例違反(痴漢)で不起訴を目指す弁護士

2017-01-14

東京都武蔵野市の刑事事件で逮捕 条例違反(痴漢)で不起訴を目指す弁護士

東京都武蔵野市に住む会社員Aは、通勤途中の電車内で、目の前に立っていた女子高校生の臀部を触ってしまいました。
一部始終を見ていた、乗客のBがAに「何をやっているんだ?!」と述べ、Aを現行犯で逮捕しました。
Aの妻Bは、夫の仕事が無くなれば、自分や娘の生活が成り立たなくなることを恐れて、何とか不起訴処分になってほしい、身柄を早期に解放してほしいと考えています。
そこで、Bは、痴漢事件を含む刑事事件で多くの不起訴を得てきた弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

条例違反】
電車内で女性の体を触った(痴漢)した場合、各都道府県の条例違反となってしまいます。
東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反となり、「六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金」となってしまいます。

不起訴の種類】
弊所にご相談にいらっしゃる方の多くは、上記例のように何とか不起訴処分にしてもらいたいとおっしゃいます。
では、不起訴処分になる場合はどのような場合でしょうか。

不起訴処分には大きく分けて3つのパターンがあります。
①嫌疑なし
これは、被疑者が犯人でないことが明らか、又は、犯罪成立を認定する証拠がないことが明らかである場合に、該当します。

②嫌疑不十分
これは、裁判で、被疑者が犯人である(有罪である)との証明が困難である場合に該当します。

③起訴猶予
これは、被疑者の性格や年齢、境遇、犯罪の軽重や情状などを総合的に考慮して、起訴する必要がない場合に該当します。

犯人であることを否定している事件はあまりないため、この3つの中で、不起訴処分として多いのは③です。
ですから、不起訴処分を得るためには、しっかりと検察官に対して起訴する必要はないという旨を主張しなければなりません・
具体的には、犯罪を犯してしまった境遇や、今後の再犯防止策がしっかり考えられているか等を主張していく必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士刑事事件専門ですので、数多くの不起訴処分を経験しております。
東京都武蔵野市条例違反事件(痴漢事件)で不起訴処分にしてほしいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
武蔵野警察署 初回接見費用:3万6400円)

ページの上部へ戻る