東京都武蔵野市吉祥寺のオレオレ詐欺事件 逮捕されたら弁護士に相談!

2017-08-08

東京都武蔵野市吉祥寺のオレオレ詐欺事件 逮捕されたら弁護士に相談!

東京都武蔵野市吉祥寺在住のAさんは,Vさんに電話でオレオレ詐欺を仕掛け,現金100万円を吉祥寺に支店があるW銀行の口座に振り込ませました。
Aさんはこの事情を後輩のBさんに説明した上で口座から100万円を引き出すように依頼をし,Bさんは吉祥寺のW銀行のATMから100万円を引き出しました。
後日,Vさんから警視庁武蔵野警察署に被害届が提出されたのを機に,AさんとBさんはそれぞれ詐欺罪と窃盗罪の容疑で逮捕されました。
(フィクションです。)

オレオレ詐欺事件~

上記事例でAさんとBさんは,それぞれVさんに対する詐欺罪とW銀行に対する窃盗罪の容疑で逮捕されています。
オレオレ詐欺事件ではAさんのように電話をかけて被害者を騙す役割を「かけ子」,BさんのようにATMからお金を引き出す役割を「出し子」といいます。
Aさんのようにオレオレ詐欺におけるかけ子は被害者に対する詐欺罪(246条1項)が成立する可能性が高いです。
一方,Bさんのようにオレオレ詐欺における出し子は銀行から不正なお金を盗んだことになるので,銀行に対する窃盗罪(235条)が成立する可能性が高いです。

量刑
まず,オレオレ詐欺のかけ子は,詐欺罪で10年以下の懲役に処され,被害額によって異なりますが平均で4~5年の実刑判決が下される可能性があります。
また,初犯であってもオレオレ詐欺が非常に重い罪であることから実刑判決が下るケースが多いです。
一方,オレオレ詐欺の出し子は,窃盗罪で10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されますが,かけ子のように中心的役割を果たしていないことから,初犯であれば執行猶予が付いたり,罰金刑となるケースも多いです。

オレオレ詐欺事件で上記のような実刑判決を避け,不起訴処分や執行猶予付きの判決を獲得するには被害者の方への謝罪・弁償やその後のオレオレ詐欺の再犯防止をきちんと行う必要がありますが,そのためには刑事事件に強い弁護士の力が必要不可欠でしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,オレオレ詐欺事件に強い刑事事件専門の弁護士が依頼者様のために尽力いたします。
東京都武蔵野区吉祥寺オレオレ詐欺逮捕されお困りの方は,弊所の事務所までご相談ください。
(初回接見費用 武蔵野警察署 35,900円)

ページの上部へ戻る