東京都西東京市のアカデミックハラスメント(アカハラ)で傷害事件に? 刑事事件専門弁護士に相談

2018-02-19

東京都西東京市のアカデミックハラスメント(アカハラ)で傷害事件に? 刑事事件専門弁護士に相談

東京都西東京市に住むVさんは、都内の大学に通っていますが、ゼミの教授Aさんから、嫌がらせを受けています。
例えば、Aさんから学生の就職活動の邪魔をしたり、卒業論文を正当な理由なく受理しなかったりといったアカデミックハラスメントを繰り返しました。
これによりVさんが精神疾患(PTSD)を発症し、卒業後の就労にも多大な支障が生じました。
Aさんは、後日、田無警察署の警察官から「学生へのアカデミックハラスメントの件で聴きたいことがある」と言われました。
刑事事件となるのか不安になったAさんは、刑事事件専門の弁護士事務所に相談へ行きました。
(フィクションです)

アカデミックハラスメント(アカハラ)刑事事件?】
アカデミックハラスメント(通称アカハラ)とは、大学などの学術機関で教職員が学生やほかの教職員に対して行う嫌がらせ行為を言います。
例えば、アカデミックハラスメント(アカハラ)の一例としては
・就職活動の邪魔をする
・正当な理由なく、学位論文などを受理しない
・嫌いなタイプの学生に対して指導を拒否したり侮蔑的言辞を言ったりする
・「(研究内容を指して)遊びでやっているのか」等と罵倒し続ける
などがあげられます。

このようなアカデミックハラスメントをした場合、被害者から民事上の損害賠償をされる可能性があります。
また、それとは別途、上記事案例のような場合には、刑事事件になる可能性も十分あります。

例えば、上記VさんはPTSDになっていますが、Aさんの行為によることが証明された場合、傷害罪に該当する可能性があります。
傷害罪は人に傷害を負わせた場合に成立し、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では刑事事件を専門に取り扱っており、傷害事件等の経験も豊富です。
東京都西東京市傷害事件でお困りの方は、ぜひ弊所の弁護士に一度ご相談ください。
(田無警察署 初回接見費用:3万8400円)

ページの上部へ戻る