東京都西東京市の住居侵入事件で逮捕 逮捕直後に初回接見の弁護士

2017-04-01

東京都西東京市の住居侵入事件で逮捕 逮捕直後に初回接見の弁護士

東京都西東京市に住んでいるAさんは、お金に困っており、空き巣をしてやろうと、Vさん宅に侵入しました。
しかし、玄関からこっそり侵入したところで、家人であるVさんと鉢合わせし、通報を受けた警視庁田無警察署の警察官に、住居侵入罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの両親は、逮捕の知らせを受けてすぐに、刑事事件に強い弁護士に、Aさんの初回接見を依頼しました。
(※この事例はフィクションです。)

逮捕直後の初回接見

上記事例で、Aさんの両親は、Aさん逮捕の連絡を受け、すぐに弁護士初回接見を依頼しています。
初回接見とは、その名の通り、弁護士の行う初回の接見=面会のことです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、弁護士が警察署などへ接見に直接赴く、初回接見サービスというサービスを行っています。
では、この初回接見サービスは、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、初回接見サービスにより、弁護士が被疑者・被告人と直接話すことで、弁護士による取調べへのアドバイスを受けることができます。
取調べはプロの警察官によって行われますが、対する被疑者・被告人は一般人です。
自分の思っていない供述をしないよう、やっていないことを認めないようにするには、弁護士のアドバイスは非常に重要です。

また、弁護士が家族・恋人・友人との橋渡しを行うこともできます。
逮捕直後は、弁護士以外の一般の方は接見できません。
弁護士に伝言を頼むことによって、被疑者との橋渡しが可能です。

他にも、誰にも会えないという負担を軽減し、精神的な不安を取り除くことなど、初回接見によって得る利益は大きいものです。
上記のように、取調べのアドバイスももらえることからすれば、逮捕されたとなれば、できる限り早期に、弁護士に接見に行ってもらうことが望ましいでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、24時間、初回接見のお申し込みを受け付けています(0120-631-881)。
東京都西東京市刑事事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
(警視庁田無警察署までの初回接見費用:3万6400円)

ページの上部へ戻る