東京都西東京市内の刑事事件で逮捕 傷害事件で留置所生活を回避する弁護士

2017-01-20

東京都西東京市内の刑事事件で逮捕 傷害事件で留置所生活を回避する弁護士

東京都西東京市内に住むAさん(28歳)は、酒の席で店主Vと口論となり、Vをビール瓶で殴ってしまいました。
Vは全治3週間のけがを頭に負いました。
他の客から通報を受けたAさんは、田無警察署傷害の容疑で現行犯逮捕されてしまいました。
現在、Aさんは留置所に身柄が拘束されています。
Aさんの友人Bは、Aさんの様子が気になり、刑事事件専門の弁護士に接見をお願いしました。
(フィクションです)

留置所?拘置所?刑務所?】
Aさんは逮捕されて、留置所に身柄が拘束されました。
留置所とは、刑事事件を引き起こした被疑者で、逃亡の恐れや罪証隠滅の恐れが在るものを、一時的に収容しておく場所のことで、全国の大抵の警察署にあります。
留置所と混同されやすいのは、拘置所や刑務所でしょう。
いずれも、一般的には「犯罪者が収容されるところ」という認識で広まっています。
ですから、被疑者が留置所にいるのに、「逮捕されて、拘置所に夫がいるんです」とお話しされる方も少なくありません。

留置所は先ほど述べた通り、刑事事件を引き起こしたとされる被疑者が収容される場所のことをいます。
拘置所は、被疑者が起訴されて被告人となった際に、収容される場所のことを言います。
刑務所は、起訴後の裁判で「有罪の実刑判決」を受けた場合(執行猶予付かずに、懲役〇年という場合等)に収容される場所です。

簡潔にまとめると、基本的に、被疑者段階は「留置所」、被告人段階は「拘置所」、受刑者となった場合は「刑務所」に身柄が移されるということになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門です。
早期に身柄解放活動に動くことで、留置所での生活を回避したり、期間を短くしたりすることができた経験が豊富です。
東京都西東京市刑事事件逮捕され、留置所生活を回避したいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
田無警察署 初回接見費用:3万8400円)

ページの上部へ戻る