東京都世田谷区内の刑事事件で逮捕 事後強盗事件で取調べ対応をアドバイスする弁護士

2017-04-21

東京都世田谷区内の刑事事件で逮捕 事後強盗事件で取調べ対応をアドバイスする弁護士

東京都世田谷区内に住むAさんは、同区内のコンビニで万引きをして立ち去ろうとしたところ、店員に見つかったため、腕をつかんだ店員を振り払って逃走してしまいました。
後日、北沢警察署の警察官がAさんを事後強盗の罪で逮捕しました。
Aさんは、今後の取調べ対応等の不安を払しょくするために、刑事事件専門の弁護士事務所の弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです)

事後強盗
窃盗犯人が、財物を得てこれを取り返されることを防ぐ目的、逮捕を免れる目的、又は、罪跡を隠滅する目的で、暴行又は脅迫をした場合には、事後強盗罪が成立します(刑法238条)。
ですから、上記Aさんのように、万引き行為をした後、店員に逮捕されるのを避けるために、暴行行為を働いたとみられる場合には、事後強盗罪が成立します。
法的刑は、強盗罪として論じられますので、「5年以上の有期懲役」と非常に重いものになっています。
なお、事後強盗罪の「暴行又は脅迫」とは、相手方の反抗を抑圧すべき程度のもので、財物の取返しや逮捕の行為を抑圧するに足りる程度のものでなければなりません。

取調べ対応】
事後強盗事件などで逮捕された場合、警察や検察官の取調べが行われます。
その取調べでの対応によっては、その後の量刑に大きく影響を及ぼすことになります。
例えば、上記例では、Aさんは店員を振り払っただけです。
しかし、事後強盗逮捕されたということは、店員が大げさに「争って押し倒された」などと言っている可能性があります。
その部分をはっきりさせるため、警察や検察官は質問をしてきます。
ですから、適当に取調べの質問に答えていると、気が付いたら、「争って押し倒して逃走した」という事実になってしまっている可能性もあります。

どのように取調べに対応すべきか等は、しっかりと弁護士と相談することが得策と言えます。
東京都世田谷区刑事事件事後強盗事件で逮捕され、取調べが不安であるという方は、一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
北沢警察署 初回接見費用:3万5300円)

ページの上部へ戻る