東京都世田谷区内の刑事事件に強い弁護士 執行猶予を商標法違反事件で獲得

2017-04-26

東京都世田谷区内の刑事事件に強い弁護士 執行猶予を商標法違反事件で獲得

東京都世田谷区内に住むAさんは、刑事事件に強い弁護士を探しています。
というのも、Aさんは、商標法違反の容疑で玉川警察署に出頭を求められており、起訴された場合、家族等の関係上、何とか執行猶予になりたいと考えているからです。
そこで、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです)

商標法違反】
上記例のAさんは、商標法違反で玉川警察署から捜査を受けています。
では、商標法とはいったい何なのでしょうか。

商標法は、「商標を保護することにより、商標の使用をする者の業務上の信用の維持を図り、もつて産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護することを目的」としており、商標権を侵害する行為等を禁止するとともに、犯罪として刑罰を規定しています。

では、具体的に商標法上の商標権を侵害する行為とはいかなるものを指すのでしょうか。
具体的には、
・ブランドやメーカーのロゴなどを勝手に使う行為
・コピー商品や偽ブランド品を製造・販売・所持したりする行為
・偽ブランド品を輸出または輸入する行為
などが商標法上、商標権の侵害行為として挙げられます。

執行猶予を得るために…】
商標法違反であっても、多数の偽ブランド品を売りさばいて、金銭を得ていたような場合には、公判請求がなされて、執行猶予なしの実刑判決になる可能性はあります。
また、商標法違反だけでなく、相手に「本物のブランド品」だと嘘をついて売却したという点から別途「詐欺罪」が成立する可能性もあり、そうなると執行猶予なしの実刑判決がなされる可能性が高まります。

そこで、早期に弁護士をつけて、被害者や被害会社に対して示談等をすることが得策と言えるでしょう。
また、商標法違反事件などで執行猶予付き判決を目指すためには、裁判の中で、情状面(再犯可能性がないことや、示談が締結できていること等)を裁判官へ、しっかり伝えていくことも重要です。

東京都世田谷区商標法違反事件で弁護士をお探しの方は、執行猶予獲得の経験も豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談ください。
玉川警察署 初回接見費用:3万7300円)

ページの上部へ戻る