東京都墨田区の電車内痴漢で現行犯逮捕 強制わいせつ事件なら弁護士に相談

2018-06-06

東京都墨田区の電車内痴漢で現行犯逮捕 強制わいせつ事件なら弁護士に相談

東京祖墨田区内に住むAさんは、通勤途中の満員電車内で目の前の女性Vの臀部を服の上から触ってしまいました。
Vが抵抗しなかったため、行動がさらにエスカレートして、Aは、服の中に手を入れて直接臀部を触りました。
すると、周りの乗客がAの行動に気づき「痴漢行為しましたよね?」と言い、Aを現行犯逮捕しました。
Aは、通報を受けて駆け付けた向島警察署の警察官に引き渡され、強制わいせつの容疑で送検されることになりました。
Aの両親は、今後の流れについて、弁護士に相談しました。
(フィクションです)

電車内痴漢痴漢行為は条例違反?強制わいせつ罪?】
一般的に、痴漢行為をしたら条例違反にではないか?と思われる方も多いかもしれません。
しかし、痴漢行為がすべて条例違反になるというわけではありません。
例えば、痴漢行為が上記例(服に手を突っ込んで直接身体を触るような行為)のように悪質である場合には、条例違反よりも重い強制わいせつ罪となる可能性もあります。
なお、服の中に手を入れたら強制わいせつ罪で、服の上から臀部等を触った場合には条例違反、という明確な基準があるわけではない点、注意が必要です。
どちらの罪が成立するかは、各ケースの態様によります。

また、条例違反と強制わいせつ罪の違いとしては、罰金刑があるかないかという点が一つ上げられます。
つまり、条例違反として立件された場合には、略式起訴の罰金で終わる可能性がある一方で、強制わいせつ罪として立件された場合、検察官が起訴するという判断をした場合には、(罰金刑がないため)公の法廷で裁判となってしまいます。
ですから、条例違反なのか、強制わいせつ罪なのかは重要な違いなのです。

電車内痴漢現行犯逮捕
電車内痴漢は、上記のように現行犯逮捕されることが少なくありません。
しかし、乗客や被害者の勘違いで、電車内痴漢として扱われたというケースも散見されます(いわゆる冤罪事件)。
もしも、謝った現行犯逮捕をされてしまった場合にはすぐに弁護士に相談することが得策と言えます。

また、現行犯逮捕をした人が、勘違いにより「服の中に手を入れて、直接触っていた」と証言する可能性もあります。
先に述べたとおり、強制わいせつか条例違反かは全く異なりますので、そのような事実と異なることを話されている場合にも、弁護士に対応を相談すべきでしょう。

東京都墨田区電車内痴漢現行犯逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
向島警察署 初回接見費用:3万7700円)

ページの上部へ戻る