東京都立川市の刑事事件で逮捕で弁護士 オレオレ詐欺(受け子)事件の厳罰化傾向

2017-04-05

東京都立川市の刑事事件で逮捕で弁護士 オレオレ詐欺(受け子)事件の厳罰化傾向

埼玉県内に住むAさんは、知り合いから紹介された仕事で東京都立川市内の民家へ行き、封筒を受け取ったところ、オレオレ詐欺事件の受け子として警戒中の警察官に詐欺未遂で現行犯逮捕され、その後勾留されました。
Aさんの両親は裁判所からAが逮捕されたと連絡を受けました。
Aは最近仕事が見つかったばかりで解雇にならないかなどと不安になり、刑事事件詐欺事件に強い弁護士事務所の弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです)

オレオレ詐欺受け子とは】
オレオレ詐欺は、還付金、架空請求詐欺などいわゆる「振り込め詐欺」と呼ばれている「特殊詐欺」該当します。
オレオレ詐欺は組織的な犯罪で、犯行を指示する主犯、電話を掛ける「掛け子」、被害者宅へ現金入りの封筒を受け取りに行く「受け子」の他、警察官が周辺にいないか確認する「監視役」がいます。

オレオレ詐欺厳罰化傾向について】
詐欺事件は、人の信用を悪用する犯罪のため重い刑罰が定められており、有罪判決になると罰金刑はなく、
10年以下の懲役刑となり、未遂も処罰されます。
またオレオレ詐欺は、初犯であっても不起訴にならない場合もあります。
なぜなら一度の被害金額が高額であり、子供を思う親心を利用した犯罪のため社会的にも影響が大きいためです。
さらに犯行が複数の県にまたがり余罪もあることから再逮捕される場合もあります。

弁護士による被害者対応の重要性】
オレオレ詐欺事件では、不起訴処分や起訴されても執行猶予を目指すためには、被害者との示談など、専門の弁護士による早期対応が重要です。
その理由の一つに、オレオレ詐欺事件の被害者は、被疑者側との直接交渉に不安を抱く方が多いことが挙げられます。
被害者は一人暮らしのご高齢の方が多く、見知らぬ他人に騙されことに対する精神的なショックや、また逮捕に協力したことへの仕返しなど恐怖心を抱く方が多いためです。
近年は未成年もアルバイト感覚で受け子として逮捕されるケースがあります。
当事務所は少年事件専門の弁護士による無料相談や初回接見を迅速にご提供し、あなたのお悩みに、しっかりと安心のサポートをいたします。
オレオレ詐欺事件で警察に逮捕・勾留された、捜査されている方は、すぐに 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。
(立川警察署 初回接見費用:3万6100円)

ページの上部へ戻る