東京都立川市の更衣室で盗撮事件 条例違反なら刑事事件専門弁護士に相談

2018-06-25

東京都立川市の更衣室で盗撮事件 条例違反なら刑事事件専門弁護士に相談

東京都立川市にあるビルの清掃業をしているAさんは、清掃員であることを利用し、清掃場所の女子更衣室内にカメラを仕掛け、女性の着替えを盗撮していました。
ある日、盗撮用のカメラを発見した女性社員は、会社上司とともに、警視庁立川警察署に相談へ行きました。
捜査を始めた立川警察署は、Aさんを盗撮の容疑(条例違反)で逮捕しました。
Aの両親は、刑事事件専門の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

盗撮される場所】
近年、スマートフォンの普及や技術の進歩により、どこでも高性能で小型のカメラを使用することができるようになりました。
それに伴い、上記のような盗撮事件も起こりやすくなっています。
盗撮される場所としては、上記のような会社内の更衣室や駅構内でのエスカレーターや階段、商業施設の女子トイレ等様々です。
その中でも、駅構内のエスカレーターでの盗撮など、公共の場所で盗撮をしたような場合には、条例違反となります。
しかし、上記例の会社の更衣室等のような公共の場所での盗撮でなかったような場合には、条例違反とならず、軽犯罪法違反でしか警察は取り締まれませんでした。
(もっとも、事案の態様によっては、条例違反やその他犯罪(建造物侵入等)が成立する可能性がある点、注意が必要です)

【東京都迷惑防止条例違反の改正】
上記のような不都合を解消するために、平成30年3月30日に、東京都迷惑防止条例が改正され、盗撮行為の「規制場所等」が拡大(第5条第1項第2号)されることになりました。
改正後の条例では、現行の規制場所である公共の場所・公共の乗物等の場所に加えて、住居(トイレ、浴場、更衣室(脱衣所)等)や、学校・会社等のトイレ、学校、会社等の更衣室も条例違反の規制対象となりました。

改正後の条例の施行日は、平成30年7月1日となっています。
そのため、来月から、上記ケースのような盗撮事件を起こした場合には、条例違反として警察署から捜査を受けたり逮捕されることになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、開業以来、数多くの刑事事件を取り扱ってきており、東京都の条例違反の経験も豊富です。
東京都立川市更衣室内で盗撮行為をしてお困りの方は、弊所の弁護士に一度ご相談ください。
立川警察署 初回接見費用:3万6100円)

ページの上部へ戻る