【東京都大田区の刑事事件】空き巣で逮捕 窃盗罪に強い弁護士

2018-11-07

~事件~

無職のAさんは、東京都大田区で空き巣事件を繰り返しました。
盗んだ高級腕時計を質入れしたことが原因となって、Aさんは警視庁田園調布警察署窃盗罪住居侵入罪逮捕されてしまいした。
前科のないAさんは実刑判決を免れたく、窃盗罪に強いと評判の刑事事件専門の弁護士に刑事弁護を依頼しました。(フィクションです。)

~空き巣~

留守の家に不法侵入して家内の物を盗めば、住居侵入罪窃盗罪が成立します。
この二つの罪は、牽連犯となるので、刑事罰が科せられる上では一罪として扱われ、空き巣の場合は、起訴されて有罪が確定すると、窃盗罪の法定刑内「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」で刑事罰が言い渡されます。
空き巣のような侵入盗は、窃盗罪の中でも厳罰が予想される犯罪です。
通常の窃盗罪であれば、初犯だと略式罰金となる可能性が高いですが、侵入盗は正式起訴されてしまいます。
そして初犯であっても、余罪が複数件ある場合は、実刑判決もあり得るのです。
空き巣のような侵入盗は、住居の平穏を害していることから、この様な厳しい処分が言い渡されるのです。

~弁護活動~

複数件の空き巣で警察に捕まった方の実刑を免れたいのであれば、一人でも多くの被害者に弁償し、被害者と示談することですが空き巣の被害者感情は非常に大きなものです。
被害者との交渉は、刑事事件を専門に扱っている示談交渉の経験豊富な弁護士に依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件専門の弁護士は、これまで様々な刑事事件の被害者様との示談を締結した実績がございます。
東京都大田区の刑事事件でお困りの方、ご家族、ご友人が空き巣で逮捕されてしまった方、窃盗罪に強い弁護士をお探しの方は、刑事事件を専門にする「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所」にご相談ください。
初回法律相談:無料
警視庁田園調布警察署までの初回接見費用:36,900円

ページの上部へ戻る