刑事事件に強い弁護士の無料法律相談 東京都福生市の強制わいせつ事件で正式裁判を回避

2017-04-30

刑事事件に強い弁護士の無料法律相談 東京都福生市の強制わいせつ事件で正式裁判を回避

東京都福生市に住むAさんは強制わいせつ罪の容疑で、福生警察署から事情を聴かれています。
Aさんは全く身に覚えがありませんが、被害者女性VがAに強制わいせつされたと述べているそうです。
Aは、正式裁判を避けるべく、刑事事件に強い弁護士の所属する弁護士事務所に無料法律相談へ行きました。
(フィクションです)

強制わいせつ事件】
上記Aさんは、強制わいせつの容疑で捜査を受けています。
強制わいせつ罪とは「13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした場合」「13歳未満の男女に対して、わいせつな行為をした場合」に成立する犯罪です。
強制わいせつ罪の法定刑は六月以上十年以下の懲役であり、罰金刑の規定はありません。
ですから、上記例で、検察官が強制わいせつ罪で起訴をするという判断をした場合には、正式裁判が開かれることになります。

強制わいせつ事件で正式裁判を避けるためには?】
強制わいせつ事件で正式裁判が開かれるのを防ぐためには、まず、相手方から告訴を取り下げてもらうという方法があります。
強制わいせつ罪は、現行法上、「親告罪」とされており、相手からの告訴がなければ起訴することはできません。
そこで、相手に真摯に謝罪し被害賠償をした結果、告訴を取消してもらうことができれば、起訴されず正式裁判は回避できます。

しかし、上記例のようにAさんに全く強制わいせつをした覚えがないようなケースもあり、そんな相手に謝罪やお金を支払いたくないという場合もあるでしょう。
その場合には、検察官や警察官に対する対応が重要です。
検察官が起訴しない(正式裁判を求めない)理由としては「嫌疑不十分」というものがあります。
検察官が、強制わいせつがあったという事情を、様々な証拠から検討して立件できない場合です。
ですから、検察官や警察官の取調べに適当に答えた結果、検察官が「強制わいせつがあったことの立件ができる」と判断されれば、正式裁判を請求されます。
逆に、しっかりと取調べで対応できれば、正式裁判を回避できる可能性が高まるのです。
ただ、法律のプロである検察官や警察官にどのように対応すればいいかは難しいと言えます。
もし、東京都福生市強制わいせつ事件で正式裁判を避けたいとお考えの場合、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士が行う無料法律相談へお越しください。
刑事事件専門の弁護士が、無料法律相談でご相談者様へアドバイスさせていただきます。
福生警察署 初回接見費用:3万8600円)

ページの上部へ戻る