強制性交等罪を弁護士に相談!東京都港区で逮捕されて困ったら

2017-07-20

強制性交等罪を弁護士に相談!東京都港区で逮捕されて困ったら

Aさんは、東京都港区で、Vさんに対して強制性交等事件を起こしてしまいました。
警視庁赤坂警察署強制性交等罪の容疑で逮捕されたAさんは、聞きなれない罪名に困惑しています。
そこで、Aさんは、家族の依頼を受けて接見にやってきた弁護士に、強制性交等罪について相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・強制性交等罪?

つい先日、7月13日に、改正刑法が施行され、主に性犯罪についての規定が大幅に変更となりました。
強制性交等罪」は、以前「強姦罪」として規定されていた犯罪が改定されたものです。
強制性交等罪は、強姦罪と比べてどこが変わったのでしょうか?

まず、大きく違うところは、強制性交等罪は、被害者が男性であったとしても成立します。
さらに、強制性交等罪は非親告罪=告訴がなくても起訴できる犯罪です。
旧強姦罪は、被害者は女性のみの親告罪でした。
他にも、強制性交等罪は、性行為だけでなく、口腔性交などの行為も対象とされます。
そして、強制性交等罪の法定刑は、旧強姦罪よりも重くなり、5年以上の懲役刑とされました(旧強姦罪は3年以上)。

改正刑法により、旧強姦罪から強制性交等罪に変わり、こんなに相違点ができているのです。
しかし、一般の方だけでは、これらの違いによって何が変わるのか、取るべき手段に大きく影響するのか、なかなか思いつかないかもしれません。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士です。
改正されたばかりの犯罪でも、刑事事件専門の強みを生かし、アドバイスや弁護活動を行います。
弊所の弁護士による法律相談は、初回無料ですから、聞きなれない犯罪で逮捕されそう、となったら遠慮なくご利用いただけます。
既に逮捕されている方には、初回接見サービスもご用意しておりますので、まずは弊所の弁護士まで、ご相談下さい。
警視庁赤坂警察署までの初回接見費用:3万5,600円)

ページの上部へ戻る