強制わいせつ事件に強い弁護士に相談!東京都豊島区の痴漢事件で逮捕なら

2017-06-18

強制わいせつ事件に強い弁護士に相談!東京都豊島区の痴漢事件で逮捕なら

Aさんは、東京都豊島区の路上で、Vさんという女性相手に痴漢事件を起こし、警視庁目白警察署の警察官に、強制わいせつ罪の容疑で逮捕されてしまいました。
逮捕の知らせを聞いたAさんの家族は、痴漢事件なのに強制わいせつ罪になってしまうのかと不思議に思い、今後の手続きの流れを含めて話を聞こうと、東京都内の刑事事件に強いという弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・痴漢事件でも強制わいせつ罪?

痴漢、という犯罪は、比較的耳にする回数の多い犯罪でしょう。
しかし、痴漢については、「痴漢罪」という犯罪があるわけではありません。
では、痴漢はどんな犯罪にあたるのでしょうか?

痴漢は、各都道府県が定めている迷惑防止条例や、刑法上の強制わいせつ罪によって裁かれることが多いです。
ある痴漢事件が、迷惑防止条例違反事件となるか、強制わいせつ事件となるかは、明確にきっぱりとした基準があるわけではありません。
服の外から触れば迷惑防止条例違反で、服の中に手を入れたら強制わいせつ罪、とも言われますが、痴漢事件が起こった場所や詳しい状況によっては、それも変わってきます。
痴漢事件の詳細によって、該当する犯罪はケースバイケースなのです。

このような複雑な事情は、専門家の弁護士に聞いてみることが一番です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、痴漢事件に関するご相談も丁寧に対応いたします。
初回の相談は無料ですから、気兼ねなくご利用いただけます。
痴漢事件でお身内が逮捕されてお困りの方、強制わいせつ事件にお悩みの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
警視庁目白警察署までの初回接見費用:3万5,000円)

ページの上部へ戻る