強制性交等事件で弁護士に初回接見を依頼!東京都港区の刑事事件で逮捕されたら?

2018-05-03

強制性交等事件で弁護士に初回接見を依頼!東京都港区の刑事事件で逮捕されたら?

東京都港区に住むAさんは、自宅近くの飲食店で知り合った女性とホテルに行き、合意の上で性行為を行いました。
数日後、突然、麻布警察署の警察官がAさんの家にやってきて、「被害者から「無理やり性交渉された」と被害届が出ている。強制性交等の容疑で逮捕する」と言われ、Aさんはそのまま逮捕されました。
Aさんの家族は、どういうことかわからず、刑事事件専門の弁護士事務所に初回接見を頼みました。
(フィクションです)

強制性交等罪で逮捕

ニュースや弊所HPをご覧になっている方はご存知かもしれませんが、昨年より「強姦罪」の規定が「強制性交等罪」と変更になりました。
強制性交等罪になった際の変更点としては、被害者に男性も含まれるようになった点や口淫行為も成立要件として明記された点等があげられます。
ただし、当然ですが、相手の意思に反して姦淫行為をしていなければなりませんので、同意があったような場合には強制性交等罪は成立しません。

しかし、上記ケースのように、被疑者としては「同意があった」と思っていたにもかかわらず被害者が突然「同意はなかった」といい、警察署に被害届を出す場合もあります。
真偽はどうであれ、警察が逮捕の必要があると判断し逮捕令状を取り寄せた場合、被疑者が「同意はあったため、強制性交は成立しない」を主張しても逮捕されてしまうことは往々にしてあります。

逮捕されたら初回接見弁護士を!】

そのような事態を親族の方が知った場合、早期に弁護士接見を依頼したほうが得策と言えます。
警察は、逮捕までしているわけですから、被疑者が強制性交の犯人であると考えている可能性が高いと言えます。
ですから、警察署での取り調べの対応を間違えると、在りもしない事実を調書に書かれてしまう恐れもあります(冤罪になる可能性があります)。
そこで、弁護士を早期に派遣いただければ、初回接見時に、事情を詳細に本人から聞き、適切なアドバイスが可能ですし、本人のおかれている状況をご親族にお伝えすることも可能です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の事務所であり、数多くの初回接見の依頼を受けております。
東京都港区刑事事件逮捕された場合、是非一度弊所の弁護士への初回接見依頼をご検討ください。
麻布警察署 初回接見費用:3万5300円)

ページの上部へ戻る