【お客様の声】コカインの所持事件 身体拘束時間を短縮

2020-05-03

【お客様の声】コカインの所持容疑で逮捕されてしまった方から頂戴した「お客様の声」を、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部からご紹介します。

【事案概要】

ご依頼者様は路上で麻薬であるコカインを所持していたところ、職務質問によって警察官に発覚したという、麻薬及び向精神薬取締法違反事件。

【弁護活動と事件経過】

ご依頼者様は職務質問を受けた後、いったん帰宅を許されていましたが、後日所持していたコカインについて鑑定結果が出たため警察署への出頭を求められていました。
ご相談の後に依頼を受け、弊所として身柄解放活動と裁判への対応を行うことになりました。
ご依頼者様が警察に出頭したところ、当日逮捕されることになりましたが、弁護士から検察官に対して申し出を行い、勾留の延長を行わないよう求めました。
その結果、通常の薬物事犯よりも勾留期間が短くなり、早期に裁判手続きに移行し、保釈も許可されました。
また、ご依頼者様としては早期に裁判手続きを終了することを望まれていましたので、弁護士が検察官と交渉を行ったところ、即決手続という、通常の手続きよりも必要期間の短い裁判手続きを採ることができ、早期の社会復帰を果たすことができました。
裁判手続きにおいて、検察官は弁護人の弁論よりも重い刑を科すことを主張しましたが、今回の事件のほかにご依頼者様には薬物事件の前科もなく、ある程度社会的な地位もあることを主張した結果、無事に執行猶予判決が言い渡されました。

ページの上部へ戻る