【お客様の声】セクハラが強制わいせつ事件に発展 被害者との示談に成功 

2020-04-09

【お客様の声】強制わいせつ事件に発展したセクハラ問題を起こした方から頂戴した「お客様の声」を、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部からご紹介します。

【事案の概要】

ご依頼者様(30歳・男性)は,同僚の女性と雑談している際,冗談を言い合う流れでハグをしたところ,後にこれがセクハラだと言われた強制わいせつ事件。

【弁護活動と事件経過】

既に被害者の方には代理人弁護士が選任されており,慰謝料の請求もなされていたことから,直ちに弁護人としての選任を受けて交渉を開始しました。
当初相手方代理人から提示されていた請求額について、ご依頼者様としては、とても払いきることができない額でしたが、なんとか示談をまとめてほしいとの希望が強くありました。
また、相手方代理人は,刑事告訴も辞さない構えを見せていたので,ご依頼者様も刑事事件化する可能性を非常に危惧されていました。
弁護人がご依頼者様から,セクハラと言われている状況について細部まで聞き取り,また,相手方の請求の内容について精査したうえで,相手方代理人との交渉を行いました。
複数回にわたる交渉の結果,当初相手方から提示されていた額よりも低い金額での合意できることとなり,また,支払方法についても一括の支払いではなく分割での支払いで応じていただけました。
結果として,当事者同士での話し合いがまとまり,被害者の方も刑事告訴をしないという合意ができ,刑事事件化するリスクを解消することができました。
ご依頼者様も生活への影響なく、職場へ復帰することが出来ました。

ページの上部へ戻る