【お客様の声】傷害事件の被害者と示談 不起訴処分を獲得

2020-04-29

【お客様の声】示談によって不起訴処分となったお客様から頂戴した「お客様の声」を、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部からご紹介します。

【事案概要】

ご依頼者様は駅のコンコース内で口論となった男性(被害者)に対してカッとなってしまい、拳骨で顔面を数回殴った結果、全治2週間を要する鼻骨骨折の怪我を負わせてしまったという傷害事件。

【弁護活動と事件経過】

事件後、ご依頼者様は警察間に連行され逮捕されましたが、翌日釈放されました。
釈放後の手続きについてご依頼者様は不安があったため、その後の対応を弊所の弁護士に依頼されました。
弁護士は直ち捜査機関への問い合わせを行い、被害者の方の連絡先を取得して示談交渉に着手しました。
弁護士が被害者の方と面談したところ、事件から2週間たって以降も被害者の方が通院していることが分かり、被害者の方が提示した慰謝料はやや高額なものでした。
ご依頼者様として支払うことができる額と、被害者の方が主張する額との開きがあり、被害者の方も弁護士を選任することとなり、弁護士同士での交渉を行いました。
交渉の結果、当初の請求額よりも下がった額で、かつ、示談締結後に追加の費用請求を行わないという条件を付した示談書を取り交わすことができました。
当事者同士で示談を行った場合、後日費用について蒸し返される(慰謝料を追加で請求される)というリスクもありますが、今回の示談では、あと腐れなく事件を解決することができました。
妥当な額を慰謝料として支払ったことで、ご依頼者様の事件は不起訴として終了できました。

ページの上部へ戻る